SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

聖ゲオルグ礼拝堂


リトルワールドのドイツのバイエルン州エリアにある「聖ゲオルグ礼拝堂」。厳かな雰囲気でよくできていました。
リトルワールドは明治村のように実際の建物を移築されたものではないので、この礼拝堂は現地のものを模倣して建てられています。

 聖ゲオルグ礼拝堂 (1)

世界の文化遺産の大半は何らかの宗教観によってできたものですね。日本でも多くが神仏の影響を受けてますけど。古今東西、芸術と宗教は常に一体になってます。宗教が支配した社会は負の側面もありましたけど、精神的な余裕があったのでしょうね。合理的な現代ではこのような文化遺産は残せません。
日本では宗教に対してネガティブなイメージが強いですけど、僕たちが生きている現代社会も広い定義で言えば一つの宗教観そのものだと僕は思います。信仰の対象が時代ごとに変化しながら多様化しただけで。人間はある程度の信じるものがなければ生けていけません。それを求めていつの時代もそれぞれの価値観を形成してきました。はっきり言えることは、今現在自分が信じていることや自分のアイデンティティーは生きる時代や国が変われば全く流動的なものだったということです。絶対的なものなどありませんでした。
例えばイスラム社会では宗教観そのものが生活で、そもそも宗教という概念すらありません。我々の社会も全く同じですね。文化やルールの違いがあるだけで構造が同じです。文化遺産を見るたびに価値観に対して色んなことを感じます。



 聖ゲオルグ礼拝堂 (4)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (9)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (8)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (2)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (3)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (5)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (7)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (6)








テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/10(土) 01:03:50|
  2. 建物
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/946-0d0a9655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。