SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

庄内緑地公園のロウバイ     ~ その1 ~


ちょっと紅葉が続いたのでここで一服して旬の話題を。
庄内緑地公園のロウバイがちょうど満開を迎えていく時期でした。
ロウバイの甘い匂いを嗅ぐと祖母を思い出します。なぜだかは分からないのですが、実家には一本のロウバイの木があり、それをこの時期に祖母が花のついた枝を切って生花にしていたのを小さい頃に見ていたのだと思います。

庄内緑地公園のロウバイ (1)

マクロレンズ独特の写り。。久々のマクロレンズで撮影が気持ちよかったです。
使用レンズはシグマの「MACRO 70mm F2.8 EX DG」 。
このレンズは知らない間にディスコンになってました。寂しい限りです・・。新レンズの登場がないままディスコンになるということはシグマが70mmマクロから撤退したということなので。僕はこのレンズを発売当初に購入して8年間使ってきました。
シグマの70mmマクロは「カミソリマクロ」と呼ばれ、開放からピンの合った所がシャープでキレキレに写ることで定評があります。ボケ味はふんわりと柔らかい描写をしますね。ライバルレンズでタムロンの90mmがありますが、こちらは「溶けていくような」という表現がピッタリのボケ味を出します。どちらも個性的な写りですが、ピンの合った部分は明らかにシグマレンズの方が解像力が高いです。
僕はタムロン90mmの新型のModel F004も所有してますが、それでも70mmマクロは手放せないです。焦点距離的にも70mmでマクロレンズを出したのはシグマだけでした。70mmというのは、50mmの単と中望遠の単の間を埋める焦点距離で、単焦点レンズで攻める時に僕には必ず必要になってきます。今回のロウバイも90mmでは若干長すぎたけど、70mmがドンピシャでした。細かい差のようですが、寄って撮るマクロの世界ではこの20ミリの差で全然違った絵になってきます。



庄内緑地公園のロウバイ (12)






庄内緑地公園のロウバイ (9)






庄内緑地公園のロウバイ (14)






庄内緑地公園のロウバイ (8)






庄内緑地公園のロウバイ (5)






庄内緑地公園のロウバイ (2)







テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/19(月) 22:28:06|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/757-1a18b463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。