SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

アートアクアリウム展    名古屋・金魚の雅       ~ その3 ~

この会場で際立っていたのが、スマホカメラの人口の急増でした。これだけ暗い会場での撮影は高感度耐性が優れたカメラしか撮れないわけですが、現在のスマホカメラはここでも耐えられるまでに進化しています。カメラを手にする人たちの5割以上がスマホカメラでした。試しに僕もiPhoneでやってみたら、軽快にシャッタースピードが上がって結構なのが撮れてました。
何気なくカメラを向ける若い人たちはこの劇的なカメラの進化を意識すらする必要なく、当たり前のように昼間と暗い所の撮影を同じようにこなしていきます。僕がカメラを始めた8年ぐらい前はデジタル一眼レフですらこの暗さを手持ちで撮ることは不可能に近かったです・・。ましてやコンパクトカメラや携帯電話カメラではお手上げでした。
昔、まだフィルムで撮ってる人が多かった時代に年配のカメラマンからよく言われました。「今のデジタルを使う若いカメラマンはオレたちの時代の撮影の苦労は理解できないと思うし、考えられないだろうな。」と。
気づかない間に、僕もあの時の年配カメラマンと同じ側でカメラの時代の流れを眺めるようになってた。
でも、僕はまだまだ新しいテクノロジーにワクワクしています。遠い先にいつかはその進化に自分の年がついていけなくなる時が来るのだろうけど、どれだけ年をとっても新しいものを受け入れる柔軟さは持っていたいなと思う。



アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜 (6)

巨大な金魚鉢。。。






アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜 (4)







アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜 (8)






アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜 (7)






アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜 (23)






アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜 (5)

これは三角の枠の中に万華鏡が仕掛けられていて、中を通過する金魚が万華鏡の世界に入って動き出します。







テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/11/08(土) 11:51:28|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/731-b32a9379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク