SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

三島池と伊吹山  ~その4~

             


              三島池の鴨アップ (1)






三島池の鴨アップ (2)





三島池の鴨アップ (3)






IMG_0184のコピー

今までレンズの広角端24mmがフルサイズ換算で36mmでしたが、さすがに12mm広角へシフトするとワイド感があります。その代わり、今まで望遠側を換算で157mm使えていたのが105mmまでダウンしたのですが、意外にこれは予想していたほど不便を感じませんでした。広角側の10mmと望遠側の10mmは、その差の感覚が全然違うんですよね。
例えば、標準レンズでいう望遠側数十ミリの差は数歩寄ることで画角を合わせることが可能なんですが、広角で数十ミリ足りない時はかなり離れないとそれだけの画角を広げることができないです。でも、特に風景写真を撮っている人なら皆経験してると思いますけど、実際の撮影地ではそれだけの距離をとるだけのスペースがないことの方が多いです。そこで広角レンズの出番が多くなったわけですけど。APS-Cカメラでの超広角レンズは必須アイテムでした。これはこれで楽しくて、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMなんてレンズは最高でした。フルサイズによってレンズが広角へシフトしてくれる一方で、このAPS-C用の超広角レンズが使えなくなることが唯一、僕にとってフルサイズに移行する際のデメリットでした。あれだけコンパクト軽量で描写の良いタイプのレンズはフルサイズ用では存在してないので。



三島池の鴨アップ (4)





三島池の鴨アップ (5)






三島池の鴨アップ (6)






三島池の鴨アップ (7)







                

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/11(月) 21:23:29|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/539-4991dbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。