SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

神戸三ノ宮のイルミネーション

12月の神戸の街はルミナリエの印象が強いんですが、街自体は派手なイルミネーションがあるわけではなくて質素です。


神戸三ノ宮のイルミネーション (1)





神戸三ノ宮のイルミネーション (3)





神戸三ノ宮のイルミネーション (2)







世界で一番人気なSNSといえばダントツでフェイスブックですが、どうも僕は好きになれないというか、あまりにも個人情報の公開を余儀なくされるところが近づきたくない理由でした。そこでもう少し敷居の低いGoogle+をやってみることにしました。別にSNSならミクシィで十分なのかもしれませんが、ミクシィは国内の会員しかいないから視野が狭くなります。僕は写真を中心にやりたいので海外のフォトグラファーもたくさんいるグローバルなSNSをやってみたくて。
 やってみて驚いたんですが、海外のSNSの会員数は半端じゃありません。そして国籍もアメリカを中心に、アジア、ヨーロッパ、南米、中東と、たった数日使ってみただけで世界中の人と繋がりました。反応があった人たちだけでこれだけなのだから、自分の写真が世界中でどれだけの人の目にさらされたのか、と考えるとちょっと怖くなってきます・・。本来、写真は国境や言葉や文化の壁など関係なく誰もが共感できるものですからね。写真撮影をしている人でミクシィを使っている人がいたら、ぜひグローバルなSNSをお勧めしたいです。世界が変わります!

 Google+を始めてみて思わぬ発見がありました。お互い文化も環境も違う人たちがSNSで交流することには意義があると思いました。僕の写真に+1(フェイスブックで言う「いいね!」)をつけてくれた人たちの中には中東のイスラエル人がいたり、イスラム圏の人がいたりします。政治を通してこの両国の人が交流することはまずあり得ません。でも、写真を通してならそんなことは関係ありません。そこにかつての中東戦争の傷なんて存在しません。そして僕を友達に追加してくれた人の中には中国人もいます。政治を通して僕のような日本人と中国人が交流できることは最近ではほとんどありません。でも、写真を通してならお互いに友達です。そこに領土問題や歴史問題など存在しません。これが大衆レベルで大きくなったら国と国との付き合い方だって変えることも可能です。誰だったか忘れましたが、テレビでこんなことを言っている人がいました。
 『世界平和というのは政府間で成し遂げられるものではなく、国境を超えた市民レベルでのコミュニケーションによってのみ実現可能なことなのです。』
 僕も写真を通して中国人や韓国人ともぜひ友達になりたいし、それから欧米の人とも交流がしたい。国際間のニュースっていつも嫌なニュースばかりだけど、そんなことは忘れて現地の人と交流できたら、それ以上必要なことなんてないんじゃないのかな、って思えてきた。結局政府間のやりとりって、国民を攻撃的に駆り立てるだけで平和にする意思なんて無いわけなので。国益がどうのこうのなんて、僕ら市民レベルの付き合いに必要じゃないから。



  1. 2012/12/30(日) 20:12:30|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/528-dd75d87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク