SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

名古屋モーターショー 2011  ~その1~

桜が咲き始めましたね。名古屋は5~6分咲きぐらいでしょうか。来週末には満開を迎えていると思います。
今週末は京都遠征を予定していたのですが開花が遅れていてパスしました。こればっかりは予定通りに進むものではないので仕方がない。

、、というわけで去年の年末に行った名古屋モーターショーの写真を現像してました。モーターショーは2年に一度の祭典で、東京、大阪、名古屋、福岡で開催されているようです。僕は前回を行き損ねたので4年ぶりになりました。


名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (6)

モーターショーといえばコンパニオンガールですね。露出した顔を何の気兼ねなく撮って、その写真を自由にネットで使ってもいい数少ない機会です。
群がるスケベカメラマンの中に潜り込んでいって撮ってきました。同じオタクファンでも、アキバ系とモーター系では違うようですね。(勝手に名前付けるな)
前回の2007年と大きく違っていたのは、どのブースもコンパニオンがカメラ目線を送る時に必ずパンフレットを一緒に入れてるところでした。前回もありましたけど、一部のブースだけだった記憶があります。
一日に数え切れないぐらいのシャッターを浴びるコンパニオンに宣伝させない手はないですからね。今までこうならなかったのが不思議なくらいです。あの頃よりもSNSの普及で写真を口コミに乗せてネットにアップされることが爆発的に増えたことも背景にあると思います。


名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (1)

この日一番綺麗だった、、、と思いました。独断と偏見ですが。
アルファロメオ・ミトのコンパニオン。
単焦点レンズ持っていくの忘れたのが痛かった・・。


名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (2)


名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (7)


IMG_681011.jpg


名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (4)



名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (3)



名古屋モーターショー2011コンパニオンガール (5)

次回は真面目にクルマの写真にします。(笑)




   Twitter






イスラム圏の国では、女性が凄惨極まりない暴力の犠牲になることがよくあります。
僕は数年前に生きながら火に焼かれてという本を読んで衝撃を受けたことがありました。結婚前に恋をしたという理由だけで家族から灯油をかけられて火をつけて焼かれた少女のドキュメントです。シスヨルダンという国の話で、ここではそういう女性が今現在でも殺され続けています。ここではそういう女性の殺人が「名誉の殺人」と呼ばれていて、半ば合法的になっているようです。信じられないような話ですが事実なのです。
全てのイスラム圏の国がそうではないのですが、こういうイスラム社会の闇の部分の撮影に臨んだ女性カメラマンがいます。 林典子さんです。彼女はパキスタンでその実態を追いました。名古屋での写真展がなかったので僕は行けませんでしたけど。目を背けたくなるような写真で気を悪くする人もいるかもしれませんが、これは誰かが公開しなければならないことです。そうすることで世界中から非難を集めなければ決してなくなることがないと思うからです。
例えが悪いかもしれませんが、華麗なコンパニオンガールが女性として伸び伸びと生きられる日本と比べてしまいました・・。世界というのはここまで文化の違いがあるのかと。

 

テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

  1. 2012/04/08(日) 23:16:48|
  2. ポートレート
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/432-f1e0a0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク