SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

大龍寺のだるま焼き (デジブック その2)

図書館でカメラ雑誌を読んでいた時に、アサヒカメラの5月号で写真家の築地仁さんが書いた組写真についての記事があり、すごく勉強になりました。組写真とは数枚で一組の写真を作り、一連のストーリーを楽しむというものです。ガンレフなどでは組写真のコンテストがあり、僕も以前から関心がありました。
写真というのは一枚の中に構図から構成、主題、背景など、全ての情報をその中に詰め込まなければいけません。その情報の巧みな組み込みのやり方が写真の完成度を大きく左右すると思うんですけど、そのためにどうしても主題が目立ちすぎて主張の大きい表現になっていく傾向があります。それが面白さでもありデメリットでもあるわけです。
でも組写真の場合は全体で一つの表現を作るわけなので、一枚写真の時のような制約がなくなり、ゆったりとした写真になります。ブログにアップするには面白みに欠けていてボツになっていたような写真でも組写真の中では存在感を発揮して上手く役割を果たすことも出てくるんですよね。。これを写真を撮る時点で意識できるようになれば、撮影の幅がかなり広げることができるはずです。今までは狙うことがなかったような被写体でも貴重な材料に変えることも可能だと思いました。
ところで、デジブックというのは構成の考え方が組写真と同じです。枚数にも制限されないので、より組みやすくなります。更にデジブックはキャプションを使えるので、作者が感じたことを思うままにストーリーの中で説明していけちゃうわけですが・・。(笑)
築地さんの説明を勉強しながらボツにしていた写真をもう一度漁ってきてデジブックでチャレンジしてみました。
今年の1月17日に撮った岐阜市にある大龍寺というお寺のイベントでした。

大龍寺のだるま焼き1



大龍寺のだるま焼き2








テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/24(木) 21:35:55|
  2. お祭り
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:10
<<谷汲ゆり園 2010 | ホーム | 鵜飼大橋のゆり 2010>>

コメント

キャプションが良いですね~
文学的センスもありますね
勿論、写真も素晴らしいです!
  1. 2010/06/24(木) 22:21:02 |
  2. URL |
  3. ponta #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

pontaさん

ありがとうございます!
>文学的センス
ぶるぶるッ!とんでもないです・・。
メチャ主観的に書いちゃったので、他の人が見たら何て思うんだろうなぁ、と心配してました。(^^;
フォローありがとうございます~
  1. 2010/06/25(金) 19:50:38 |
  2. URL |
  3. SHUN #-
  4. [ 編集 ]

目があるものが焼かれるのは、ちょっと痛々しいですよね。。
ついついだるまの気持ちになって悲しくなってしまいましたーー。。。
文字を添える事によって、与える印象が全く違って見えてくるので、
どう伝えるのがいいのか難しいところですけど、すごく文章もよいかと思います^^☆


  1. 2010/06/27(日) 05:21:37 |
  2. URL |
  3. まよまよ #-
  4. [ 編集 ]

http://jmkphoto.seesaa.net/

こんにちは
デジブック、拝見しました。
揺れる炎の中で悲しげな表情をした達磨さんたちに、何とも言えない気分になりました。
キャプションも素晴らしさが、写真をさらに印象的なものにしていると感じました。

今日、大龍寺の前を通りましたよ。
だから、何ってことはないですけど。(笑)
  1. 2010/06/27(日) 15:33:30 |
  2. URL |
  3. MJK #7rCFtE8k
  4. [ 編集 ]

大龍寺、地元のフリーペーパー等でよくイベント紹介がされてますよ。
訪れたいと意識しつつも、未だ実現できておりません。

デジブック拝見しました。
またまた素晴らしいストーリーですね。
過去の縛りから脱出し、新しい未来へ踏み出す勇気も必要かなと感じました。
  1. 2010/06/28(月) 21:15:12 |
  2. URL |
  3. あーるわい #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まよまよさん

そうですよね。。人形を焼く行事もよくお寺でありますけど、あれもなんか見ていて気持ちいい気がしないんですけど・・
共感していただいてありがとうございます~。ちょっとネガっぽくストーリーを書いたのでこれがアップできる内容か?と我ながら疑問に思ってたんですけど。。(^^;良かったです。
そうですね、よくブログでも写真にキャプチャを入れてアップしてる人がいますけど、あれを特に参考させて頂きました。
写真もあえて見る人の感じ方にそれぞれ任せてもらうのも、それはそれで楽しいのでしょうけど、やっぱり撮った人の気持ちは写真だけで表現するのは難しいですよね。
  1. 2010/06/28(月) 21:15:59 |
  2. URL |
  3. SHUN #-
  4. [ 編集 ]

Re: http://jmkphoto.seesaa.net/

MJKさん
こんばんは!
デジブック見てくださってありがとうございます!
本当に、ストーリーに共感していただいてありがとうございます!
これは実はアップしようかどうか迷ったのですが、フォローしていただいて感謝です!
本当は写真だけで起承転結を込めるのがベストなんでしょうけど、キャプションなしではなかなか難しくて・・。

やぁ!大龍寺の前の通りはよく通られるのでしょうか。
あそこはお寺自体としてはそれほど魅力はないですよね?
  1. 2010/06/28(月) 21:16:19 |
  2. URL |
  3. SHUN #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あーるわいさん

大龍寺、地元では結構有名だったんですね~。今回、僕はここを初めて知りました。
お寺自体に庭園とか、何かそそる被写体がなかったのがちょっと痛かったですけど・・。

デジブック見てくださってありがとうございます!
今回のネタはちょっと万人ウケする内容じゃなかったので気になってましたけど、やっぱりあーるわいさんには関心を引きませんでした?すません・・。(^^; でも、こういうジャンルも色々雑多にやってみたくて。。
そうそう、先週、樽見鉄道で電車と紫陽花を撮ってきました。鉄っちゃん写真、次回アップします!!ご指導をよろしくお願いします。。
  1. 2010/06/28(月) 21:16:51 |
  2. URL |
  3. SHUN #-
  4. [ 編集 ]

すごい迫力ですね

だるま焼きなるものがあるのですね。
お守りや破魔矢やしめなわを焼くことが
ありますが、同じ時期くらいのようですね。
だるまの目にちゃんと願いがかなった
ように目が書いてるとうれしいですね。
  1. 2010/06/29(火) 08:03:23 |
  2. URL |
  3. 舞姫 #-
  4. [ 編集 ]

Re: すごい迫力ですね

舞姫さん

そうなんです。僕も祈願を終えただるまがどうなるか、と考えたこともなかったので、初めて見て新鮮でした。。
日本には年末近くになるとこういう行事が多いですね。
やっぱり火を使うことに神聖な意味をもってるんですかね?
そうそう、撮った写真の中にもなにげに目が片方しか塗ってないのがありますよね。(笑)
願いが叶った人も叶わなかった人も一緒に集まるイベントですね。。
どうやら、ここはここで祈願されただるまだけではなく、色んな所から集まってくるようでした。
  1. 2010/06/29(火) 21:20:34 |
  2. URL |
  3. SHUN #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/325-fd9f474a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク