SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

巡礼の秋・・・ in 比叡山延暦寺の紅葉(西塔、東塔地区)

比叡山延暦寺。ここは聖地であると同時に、一方で日本のお寺史上、稀なぐらい影を落とした悲劇の場所でもあります。織田信長の延暦寺焼き討ちは自分が知ってるのとはまるでスケールの違う大変な大惨事だったのです。

『合図とともに鬨の声をあげながら、織田勢は攻めかかった。見つけられた者は僧俗、老若男女構わず無差別に殺された。山頂においても徹底的な破壊と殺戮が行われ、根本中堂をはじめ、4、5百という堂塔坊舎の全てに火がかけられた。殺された者は3、4千人(諸書によって違いがある)にものぼり、比叡山は累々たる死体で埋め尽くされたという。この放火と殺戮と奪略は4日間続けられた。』(ネットから引用)

堂塔坊舎が400?500棟この時に焼失したとすると、僕が今回比叡山で見たお寺のおそらく10倍ぐらいの規模だと思います。比叡山に延暦寺を建てた最澄は平安時代より前の生まれだから、延暦寺の歴史は信長が生きた時代から遡って1000年ぐらい前です。それをためらいもなく焼き払うことのできた信長は奇人と言えるかも・・。そして現代の時代は信長が生きた時代からたったの400年あまりです。
近江の辺りを歩いて初めて知ったのですが、信長は当時、他にも各地でことごとく1000年級のお寺の焼き討ちをやりました。この時に失った歴史的文化遺産・・。ん?残念。
ちなみに、僕は信長の軌跡をたどって安土城跡へ遊びに行った時に、石段に石仏が使われていたのを発見しました。攻め滅ぼされたどこかのお寺の廃墟から運び込まれたのでしょう。よりによって人が踏み歩く所に・・。
恐るべし、織田信長!

#8298;日吉大社1 1 日吉大社

坂本ケーブル駅2.2 2 坂本ケーブル
ケーブルカーで登ってきました。

東塔根元中堂3 3 東堂 根元中堂
お寺の中心地となる東堂。穏やかで美しい風景に、当時の地獄絵図など想像できません。

東塔根元中堂4.4 4 東堂 根元中堂

西塔6 5 西塔

西塔7 6 西塔

西塔8 7 西塔

山道6 8 山道
延々と山道の上り下りを繰り返しました。疲れはしたけど楽しかった。

山道7 9 山道

山道14 10 巨木
杉の巨木が石碑を飲み込んでいます。かなり昔からこうなってるんでしょう。

山道13 11 山道

比叡山山頂4 12 比叡山山頂
ようやく山頂に辿り着きました。

比叡山山頂5 13 山頂付近

西塔常行堂10 14 西塔 常行堂

阿弥陀堂11 15 阿弥陀堂

阿弥陀堂12 16 阿弥陀堂

使用レンズ 
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
EF24-105mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

  1. 2008/11/21(金) 00:12:13|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/237-626f8d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク