SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

曽爾高原のすすき (夕景)

曽爾高原を一通り撮ってから夕景までの時間を散歩して過ごそうと、高原を一周するルートをテクテクと歩きました。
・・と、これがナメてかかれないような勾配になっており、息もゼーゼー。昼食が遅かったのと、食べて時間がたっていないうちに急激な運動をしたせいか、頂上辺りでお腹を壊してしまい、冷や汗をかきながら下りを急いで降りてトイレへ直行!(笑)
ぐったりしてしばらく駐車場の車で休憩していたら、良い感じに夕暮れになってきて再び撮影に向かいました。この日の楽しみにしていた夕景のすすきに挑戦。
この頃から急に冷え込んできました。標高はそんなに高くないはずなんですけど、あの時間は冬を感じる寒さ!こういう所は一日の気温の寒暖差が激しいですね。上着を持っていかなかったのは誤算・・。
色々と、この日は過酷な撮影でした。

曽爾高原の夕景1EF24-105mm 1
いつの間にか、かなりの数の人が集まっていて、撮影ポイントに行くのに苦労しました。昼と夕暮れの時間でお客さんの数は極端に違います。

曽爾高原の夕景2EF24-105mm 2
逆光で撮るとカメラの性質上、周りの露出を下げますよね。それが僕は夕景写真には面白い効果だと思うんですけど。

曽爾高原の夕景3EF24-105mm 3

曽爾高原の夕景4EF24-105mm 4

曽爾高原の夕景5EF24-105mm 5

曽爾高原の夕景6EF24-105mm 6

曽爾高原の夕景7EF70-200mm 7

曽爾高原の夕景8EF50mm 8

曽爾高原の夕景9EF70-200mm 9

曽爾高原の夕景10EF24-105mm 10

曽爾高原の夕景11EF50mm 11
ところで夕景や日の出の撮影で怖いことを聞いたのですが、特に望遠レンズで撮っている時に、太陽光がレンズの虫眼鏡効果によって、ファインダーを覗いている眼球を焼いてしまうかもしれない、ということです。
実際にそんな被害にあった人がいるのか知らないですけど、一眼レフを使う人は一応気をつけましょう?。ファンダーを使わずにライブビューで撮影するという手もありますね。僕のカメラはできないけど。

1?6、10 EF24-105mm F4L IS USM
   7、9 EF70-200mm F4L IS USM
  8、11 EF50mm F1.8 II 


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:朝日・夕日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/19(日) 19:49:22|
  2. 朝焼け、夕焼け
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/224-f0f526be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク