SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

犬山城の桜 2017 


実に10年ぶりとなる犬山城の桜を撮りました。一眼で初めて撮った桜が名古屋城と犬山城でした。思い出深いですね。。
最近昔の写真をよく振り返って見ます。さすがに10年前の写真になってくるともうそこから参考にできることはなくなっていて、ただ懐かしくて色んなこと思い出してます。仕事の思い出は思い出そうとしても残ってないですけど(笑)、趣味で撮った写真は自分の人生の軌跡みたいになってます。写真とともに歩んできたんだなって。

犬山城の桜2017 (1)

lens EF35mm F2 IS USM

EF35mm F2 IS USMをたくさん使いました。
EF35mm F2 IS USM とEF50mm F1.4 USMの2本はどこの撮影地にも持っていきます。これにEF85mm F1.8 USMを加えた3本が僕のレギュラーレンズです。
女性ポートレートを撮った時に使用レンズをよく聞かれましたが、明治村でポートレートを撮った時も全てこの3本で撮りました。3本とも並単です。



犬山城の桜2017 (2)

lens EF35mm F2 IS USM






犬山城の桜2017 (3)

lens EF35mm F2 IS USM






犬山城の桜2017 (4)

lens EF35mm F2 IS USM







犬山城の桜2017 (5)

lens   EF50mm F1.4 USM

SNSで人気の写真って、第一印象の良いものが多いんですよね。見た人の最初のひと目でその写真をサムネイルからプレビューさせるかどうかが決まります。要するに分かりやすい写真だということです。地味なものや、後からジワジワ味がでてくるものや、考えさせられるような写真というのはSNS、特にInstagramでは埋もれていってしまってる感じですね。万人受けしそうな写真は目に優しいし、撮っていても華があると思うので良いことなんですけど。でも撮る側としては写真の世界はそれだけではないということも忘れてはいけないですよね。







犬山城の桜2017 (6)

lens   EF50mm F1.4 USM







犬山城の桜2017 (7)

lens   EF50mm F1.4 USM





犬山城の桜2017 (10)







犬山城の桜2017 (8)







犬山城の桜2017 (9)

完璧な満開でした!








犬山城の桜2017 (6)

お城から引いた位置になってからEF50mm F1.4 USMに替えてます。
画角を凝縮してボケが一気に増します。レンズ自体のボケの力というより、望遠効果によって相乗効果を出してるんですよね。
撮影には違いを体感的に知ってるだけでも十分だと思いますけど、焦点距離によるボケの違いのメカニズムは知っておくだけで絵作りする上で役に立ちました。ボケの度合いだけではなくて質も違うことが分かってくるんです。

テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2017/04/21(金) 20:03:14|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

トラックバック

トラックバック URL
http://galaxydawn.blog63.fc2.com/tb.php/1007-a3e1f119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。