SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

京都の雪景色      ~ その1 ~


2014年の秋の紅葉以来になる久しぶりの京都遠征でした。
四季折々の京都を撮ってきたけど冬だけは空白になっていました。今回は念願の京都の雪景色を撮ることができました。
この撮影も多くのカットで思い出深い撮影になったし、全てのカットでベストを尽くしました。こんな機会は滅多にないですから。
本当に今回の京都遠征は行く前からかなり気合入っていたし、今までにないくらい渾身の撮影だったと思います。

撮影順はバラバラで投稿します。

京都の雪景色1 (1)

インスタグラムにはiPhone撮影の写真で投稿。一眼では広角で撮ったので真下の建物まで入ってきました。
清水寺の代表的なアングルですね。真っ赤に染まる紅葉時や夜のレーザービームが飛んでるライトアップも同じ位置から撮ってきましたけど、雪景色もまた魅せてくれました!最高でした。




京都の雪景色1 (6)
https://www.instagram.com/p/BQmKqL2AElU/?taken-by=shun.photowalker

これも忘れられないカットです。
夜明け直前の清水寺。次第に明るくなっていく中で壮大なスケールを感じました。
今回は海外のSNSサークルに出せるような「これぞ日本の美!」というのを狙ってましたけど、いい瞬間をゲットできました。




京都の雪景色1 (5)
https://www.instagram.com/p/BQons1nArzk/?taken-by=shun.photowalker

インスタグラムではレタッチを強めにかけたこの写真ですが、ブログではRAW現像のみで。
最近のEFレンズは苦手だった広角にめっぽう強くなってきましたけど、その広角に弱いキヤノンのイメージを変えていく最初に登場したのがEF16-35mm F4L IS USMだったと思います。キヤノンユーザーの多くが広角にシグマレンズを使うのが当たり前でしたが、このレンズがターニングポイントになって純正へと逆転していきました。
EF16-35mm F4L IS USMはLレンズの特徴がよく出ていて、更に標準や望遠にはなかったような重厚感が現れて、こういう神社仏閣の撮影にはベストマッチです。単焦点で最初は狙ってのですが、ボケは綺麗だけどこういう絵にはできなかったです。



京都の雪景色1 (2)
https://www.instagram.com/p/BQeX_oKAiJT/?taken-by=shun.photowalker


三年坂を登って振り返ったカット。
これも忘れなれない思い出になりました。枝に積もった控えめな雪がまるで花が咲いてるように見えました。
昼間のここの混雑を僕はよく知っているので、この静寂さは怖いくらいでした。




京都の雪景色1 (3)
https://www.instagram.com/p/BQjh3uWlN0w/?taken-by=shun.photowalker

八阪の塔の代表的なアングル。
僕はこのアングルで撮ったのが初めて。海外のフォトグラファーもここを取り上げるほど有名なポイントです。




京都の雪景色1 (4)
https://www.instagram.com/p/BQg7QWJlSiV/?taken-by=shun.photowalker

夜の八坂神社。
ここは年中夜は煌々としてます。積もった雪の照らされ方がインパクトありました。







--------------------------------------------------------------------


iPhoneで撮った写真たち







テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/24(金) 22:20:25|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

御在所岳からの夜景 


御在所も陽が沈んで暗くなってくると四日市の街に明かりがつき始めました。ここから少しだけ夜景撮影をしました。


御在所の雪景色 (24)

山と街の夜景が同時に写るのはわずかな時間の間だけです。すぐに暗くなり、山が完全に隠れていきました。





御在所の雪景色 (23)







御在所の雪景色 (25)







御在所の雪景色 (26)

帰りの御在所ロープウェイから。





御在所の雪景色 (27)

あれだけ高速で動くロープウェイの中からダメ元で夜景撮影をしようとハチャメチャなことやったのですけど(笑)、これが思った以上に上手くいっていて。ちょっとびっくり。
ISO 20000まで上がっています。ノイズはけっこうのってますが、実用感度でいうとこのくらいがカメラの限界かな。でもここまで写るとは正直思いませんでした。






御在所の雪景色 (28)







御在所の雪景色 (30)

湯の山温泉街が見えてきました。






御在所の雪景色 (29)




----------------------------------------------------------------------------------------------------


iPhoneで撮った写真たち

テーマ:夜景、イルミネーション - ジャンル:日記

  1. 2017/02/17(金) 20:45:58|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

御在所岳の雪景


御在所の雪景色 (9)

通常はこの木々が樹氷と雪で真っ白に染まる御在所。
ま、これはこれで冬山の風景としていいと思えたのですけど。




御在所の雪景色 (11)







御在所の雪景色 (10)







御在所の雪景色 (12)







御在所の雪景色 (14)







御在所の雪景色 (18)







御在所の雪景色 (19)







御在所の雪景色 (8)

4本足の動物の足跡。
なんの足跡だろう。




御在所の雪景色 (20)







御在所の雪景色 (21)







御在所の雪景色 (22)






テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/14(火) 23:59:26|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

御在所ロープウェイ


毎回、御在所岳へ行くときのロープウェイは楽しみの一つです。


御在所の雪景色 (3)







御在所の雪景色 (1)







御在所の雪景色 (2)







御在所の雪景色 (4)







御在所の雪景色 (6)







御在所の雪景色 (5)







御在所の雪景色 (7)

終点付近。
山を越えて四日市や海が見えてきます。




テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/12(日) 23:43:44|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

御在所岳の夕景


御在所岳の夕景 (1)
https://instagram.com/p/BQMXOEfla1P/</u></span>">https://instagram.com/p/BQMXOEfla1P/

御在所の樹氷を今年も撮りに来ました。豊橋のカメラ友達誘ったのですが、樹氷がなくて慌てました・・。悪いことしたなと。
御在所も四季の変化が楽しめるところですが、ここへは冬しか訪れたことがありません。なので、夏や秋のイメージができないのですよね。
今回の御在所は樹氷と夜景を撮りに来たのですが、夕景は思わぬ収穫でした。山の朝陽や夕景は綺麗だろうなと思ってましたけど、本当にそうでした。よく晴れた日は標高が高い所はそれだけ空気も澄んできますしね。山岳カメラマンはこういうの追いかけてるんだな、と思いながらしみじみ。あの人たちは重い機材と冬山重装備で下から登って来るけど。美しい風景に対する哲学もあるのでしょうね。





御在所岳の夕景 (2)
https://instagram.com/p/BQO1wsBFOA1/</u></span>">https://instagram.com/p/BQO1wsBFOA1/

御在所スキー場です。
ナイターがないこのスキー場はこの時間になると閑散とします。夕景にはいい感じでした。





御在所岳の夕景 (3)
https://instagram.com/p/BQRfJPHlJtx/</u></span>">https://instagram.com/p/BQRfJPHlJtx/

そして山頂の夕日です。このポイントは絶景でした。。
神々しいですね。日本に限らず世界の古代人は太陽を崇拝しましたが、人間のDNAは決して人体を機能させるためだけのプログラムではなくて、自らのルーツを確実に記録してるんだと思う。地球から生命が誕生していくその時から繋がっていて、それが自然に対して畏敬させられる理由でしょう。人間も自然の一部なんだなって。




御在所岳の夕景 (4)
https://instagram.com/p/BQUF4kHlvky/</u></span>">https://instagram.com/p/BQUF4kHlvky/






テーマ:朝日・朝焼け・その他 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/12(日) 10:43:46|
  2. 朝焼け、夕焼け
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

明治村  2017      ~ その3 ~


明治村 冬 2017 (23)

子供のころに地方にもコンビニができ始めて、何軒かあった田舎で地元の駄菓子屋がどんどんつぶれていきました。
僕はギリギリ駄菓子屋を知っている世代ですが、さすがにここまでレトロな店ではなかったものの、雰囲気は十分懐かしさを感じます。冬休みにお年玉をもらって長い間狙っていた目当てのおもちゃを買いに行くときの嬉しさと言ったら天国そのものでしたけど、今の子供たちはどこであの恍惚感を得るのだろう。おやつから流行りのアニメキャラクターの文房具、玩具、スポーツ用具が揃っていて、普通は親がいないと買えないような危険な爆竹などの花火まで気前よく売ってくれました。あれだけ子供心をつかんでたお店は駄菓子屋をおいて他になかったです。行くといつも同じ格好で座っている店主のおばあちゃんは子供たちにとっては先生よりも尊敬できて頼りになる人でした。
駄菓子屋のノスタルジックなあの世界はいつの間にか文化遺産になっていました。



明治村 冬 2017 (25)







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










明治村 冬 2017 (27)







明治村 冬 2017 (28)







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










明治村 冬 2017 (30)







明治村 冬 2017 (29)

調べてみたら「ウルユス」とは薬の名前で、当時は有名な胃腸薬だったそうです。





明治村 冬 2017 (31)

貧しかった明治時代の庶民の中には、美味しい話の縁談につられてアメリカへ渡っていく若い娘たちがいたようです。
しかし、そこで待っていたのは過酷な運命で、優雅な西洋の生活を得ることができなかったばかりか、写真で見た相手とは別人の男性が待っているなど騙される人も多くいたようです。そして、おそらく当時の日本の風潮として、一度決意して海外に渡ったら二度と戻れるような場所はなかったのでしょう。
途方に暮れた移住者の女性たちは苦労を励ましあいながら生きました。そんな日系人だけが集まって拠り所にしていた教会があったそうです。






明治村 冬 2017 (21)







明治村 冬 2017 (17)







明治村 冬 2017 (18)







明治村 冬 2017 (24)


明治時代の床屋さん。
これ、狙ったわけではなかったのですけど現像後に気づいたのは、鏡にバッチリ映りこんでる自分の姿でした。(笑)





テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/07(火) 10:57:21|
  2. テーマパーク
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

明治村  2017      ~ その2 ~


聖ザビエル天主堂は明治村で一番好きな建物です。
最近思ったのですけど、こんなに綺麗な教会は日本では珍しいですよね。

明治村 冬 2017 (2)

EF35mm F2 IS USMで撮ってます。
ボケが得意のレンズですが、引いて撮るとあっさりした写りです。
Lレンズのコントラストがよく効いたこってりとした絵に慣れてると物足りなく感じますが、でもこれはこれで好きです。




明治村 冬 2017 (1)







明治村 冬 2017 (3)







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










明治村 冬 2017 (19)







明治村 冬 2017 (4)







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










明治村 冬 2017 (8)

夜の金沢監獄は一段と怪しくなります。





明治村 冬 2017 (10)







明治村 冬 2017 (6)







明治村 冬 2017 (7)







明治村 冬 2017 (9)







明治村 冬 2017 (5)











テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/04(土) 23:28:47|
  2. テーマパーク
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

明治村  2017      ~ その1 ~


初めて明治村を撮影してから今年で10年になりました。雪の明治村、雨の明治村、紅葉の明治村、夏の宵の明治村。色んな季節に訪れました。ここも思い出がたくさん詰まった撮影地の一つです。
写真の撮り方をinstagram用に合わせて変化させてみようと思って、その被写体にぴったりだと思った明治村を撮ってみました。テーマをinstagramにすると明治村の被写体がいつもと違って見えてきて新鮮でした。


明治村 冬 2017 (11)

帝国ホテルです。







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -



インスタグラムのフィルターとレタッチの特徴として僕のまず一番の印象としては、加工の耐性が強かったことです。センサーの小さいカメラの画像の弱点はレタッチに弱いというところですが、インスタグラムのレタッチは決して簡易的なものではなく、機能も性能もかなり高度なソフトになってます。元々インスタグラムはスマートフォン時代のSNSというコンセプトだと思うので、スマホ画像の画質の劣化を抑えるようになってます。
それから驚いたのがレタッチ機能の簡略化です。高度なレタッチが驚くほど簡単でスピーディーに実現しています。同じようなことをPhotoshopでやろうとすると何倍もの労力と時間を使うような作業がカメラの初心者でもすぐに馴染んでいけるような仕組みになってます。Photoshopでのレタッチは経験もいるし、何より頭を使います。でも、直感で絵を自分色に染めていくインスタグラムの作業は独特でした。
撮影からレタッチ、そしてインスタグラムへアップするところまでを人差し指一本で完結してます。これも長年一眼レフをやってきた自分としては斬新でした。10年前に初めてこのブログを開設して写真をアップした瞬間に、デジタル画像がこんなにも簡単にネット上に公開されることに衝撃をうけたものですが、撮影のあり方、見せ方というのは今後も間違いなく時代とともに変化していくでしょう。
新しくて激しい変化は楽しいですが、自分もおそらくそれに対応してついていけるのはあと10年ぐらいかな、とも思っています。そう考える年ごろになってきました。年配のカメラマンを見てきているので、そこは僕も冷静に自分のことを見てます。
でも一眼レフが無くなることはないと思うので悲観はしていません。30年以上同じスタイルで撮っている人だっていますからね。歳を重ねても末永く楽しめるのが写真の世界です。



明治村 冬 2017 (12)

小熊写真館。
照明がまだ一般的ではなかった明治時代ではこのように屋根から光を取り入れて撮影に活かす工夫がされていたようです。
そのスタジオをスマホで撮影している自分にも感慨深いものを感じました。。






SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -



小熊写真館の夕景。外観も今の時代から見ても逆にオシャレに見えますね。






明治村 冬 2017 (13)







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -



金沢監獄。
ちょっとホラーにしすぎました。ゾンビ出てきそう。(笑)





明治村 冬 2017 (14)







明治村 冬 2017 (16)







SHUNさん(@shun.mobile)が投稿した写真 -










明治村 冬 2017 (15)

監獄というか、家畜小屋みたいですよね。。






明治村 冬 2017 (20)

明治時代の銭湯です。
番台からモロに両方の脱衣場が見える形です。
座って眺めてるだけで給料が貰えるとは凄い職業です。
この仕事に就いた人は幸せ者でした。




明治村 冬 2017 (22)







明治村 冬 2017 (26)







テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/02(木) 00:01:10|
  2. テーマパーク
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

Instagram投稿写真

リンク