SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

湖南三山の紅葉 in 常楽寺


湖東三山と比べてちょっと知名度と規模で劣る湖南三山ですけど、一度は撮ってみたいので行ってきました。
特にこの常楽寺は紅葉スポットとしてはかなり良いと思いました。写欲を刺激されるお寺でした。
ここは観光客も少ないし穴場ですね。


常楽寺の紅葉 (1)







常楽寺の紅葉 (3)







常楽寺の紅葉 (2)

このお寺の紅葉はドウダンツツジがメインでした。





常楽寺の紅葉 (4)







常楽寺の紅葉 (7)

この一枚だけiPhone7plusで撮影。アップルはこのiPhoneからRAW撮影に対応させています。現像ソフトが間に合わなかったので今回はJPEG撮影のみにました。
今まで使っていた2世代前のiPhone6よりも解像感がまたアップしたと思います。これは800万画素から1200万画素になったことによるものでしょう。さすがに50パーセントアップしてるので撮った後のモニター画面だけですぐに分かりました。スマホやコンパクトカメラはデフォルトでシャープネスを強めにかける傾向がありますけど、この写真の瓦の写りを見る限りこの解像はハードによるものだと思います。僕は画素数至上主義ではないですけど、デメリットを差し引いたとしても、これが今の時代に沿っているのかなと思います。
一方で、色再現性や階調は相変わらず一眼レベルと比べると大きく差がついたままかなと思います。進歩しているのは間違いないのですけど。こういうのはRAWで撮った時の画像の耐久性にかかわってくるのでRAWの旨味も制限されてきます。
ま、スマホカメラにそこまで要求するのは酷ですが、iPhoneに搭載されるカメラとしてはもう円熟期に入っていると思いました。これ以上はよほどのブレイクスルーがない限り今までのような進歩は期待できないでしょう。



常楽寺の紅葉 (6)







常楽寺の紅葉 (5)



テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/26(土) 17:31:42|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in 吉見百穴


吉見百穴 (1)

埼玉にカッパドキアがありました。
これは古墳時代の墓穴です。こんな原始的な墓が!他では見たことがないんですけど。
ここへ葬られた人はある程度裕福だったのだそうです。ということは一般の人は墓と呼べるものなどなかったのでしょうか・・。
日本にもこんな時代があったんですね。原始人とそれほど変わりません。

吉見百穴  http://find-travel.jp/article/9704



吉見百穴 (6)







吉見百穴 (3)







吉見百穴 (4)







吉見百穴 (8)







吉見百穴 (2)







吉見百穴 (5)







吉見百穴 (7)





テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/25(金) 23:59:25|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in  三峯神社   ~ その3 ~   


三峯神社 (19)

アップダウンが多くて登ったり降りたり・・。
交換レンズはほとんど車においてきて正解。ズーム2本のみで撮りました。





三峯神社 (20)

この石段を登った先に。。





三峯神社 (23)

奥秩父三峰山から展望できるところがありました。
ここは埼玉県秩父市ですが、ほとんど山梨県と県境なので山々が連なります。

そしてここは、空手ファンなら誰もが知っている極真空手創始者の大山倍達が若き日に山籠もりをして修行に励んだ極真空手の聖地でした。僕も漫画の「空手バカ一代」読んでいたので大山倍達の山籠もりはよく知っていましたけど、ここがその場所だと初めて知って感激でした!碑が建っていましたけど、一格闘家の碑が三峯神社に建ってるということが凄い。
余談ですが、大山倍達は日本で初めて素手での直接打撃制ルールのフルコンタクト空手を確立しました。それまでの空手は寸止めか型を演武するだけの武道で、実戦空手は存在していませんでした。
倍達は極真会館を創立する前に世界中の格闘家の猛者たちとの異種格闘技戦の旅をしてKOの山を築き、生涯無敗だった伝説の格闘家です。石も砕いてしまう倍達の拳ですが、強姦魔に襲われそうになった女性を助けようとして反射的に放った正拳突きが、意図せずに簡単にその男の顔を一発で粉砕して即死に至らせました。「一撃必殺」という言葉は文字通り極真空手の代名詞でした。
大山倍達がいなかったら、現在の空手の地位は絶対になかったでしょう。マイナーな武道になっていたのは間違いないと思います。4年後の東京オリンピックではグローブをはめてのフルコンタクト空手が種目に加わります。空手を一代で世界へ広めた大山倍達の功績はとても大きいです。
↓アメリカ人から『ゴッドハンド』と呼ばれていた倍達の拳。骨が異様にもり上がってます。

20161120085249454.jpg




三峯神社 (14)

この石段を登った先に御仮屋というところがあり、そこにお犬様のお宮があります。





三峯神社 (13)

この御仮屋が一番のメインの場所です。強力な力で悪霊や悪運を断ち切って追い払ってくれるそうです。
僕もそういう言い伝えだけでは鵜呑みにしない方なんですけど、霊感の強い人たちが皆同じように認めてることから嘘ではないと信じているんですけどね。



三峯神社 (21)

この像は日本武尊(やまとたけるのみこと)です。
三峯神社は日本武尊が創建しました。それだけでも神がかってますね。スピリチュアル系の日本古神道マニアにはたまらないはず。ここは本当に話題が尽きない神社でした。




三峯神社 (22)







三峯神社 (24)

お犬様。






  1. 2016/11/19(土) 18:08:18|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in  三峯神社   ~ その2 ~   


三峯神社 (18)

門をくぐって振り返った景観。
モミジの枝がかかって絵になってますねぇ。意図的にこうなってるような気がします。今の時期はちょうど朱色の門と紅葉のモミジを重ねていくのでしょう。
このように朱色のメインの門の手前や、入ってすぐの場所にモミジが植えてあるのは京都や滋賀の神社仏閣でもよく目にする光景でした。紅葉の時期の見せ場を作ってます。今から境内のモミジを観賞するお客さんに対してワクワクさせてくれる最初の演出です。



三峯神社 (17)







三峯神社 (8)

稲荷神社ではないのになんで狐の守護獣像が?と思ったんですけど、じつはオオカミです。
三峯神社は狼を守護神にする珍しい神社です。まさにパワースポットにうってつけの神様ですね。
宮崎駿監督の『もののけ姫』に出てきたあの白い犬神はここの神様をモデルにしているんだそうです。





三峯神社 (15)

本殿まで来ました。
煌びやかで、日光東照宮のような関東地方独特の装飾の印象です。




三峯神社 (10)







三峯神社 (24)

こんな派手な手水鉢は初めてみました。





三峯神社 (9)

今やどこの神社でも当たり前のように見られるようになってきた光景。
ご神木や神社のシンボルに手を当ててエネルギーを感じとってます。




三峯神社 (16)

CHIEさんもお勧めしていたこのご神木。たくさんの人が触っていくので樹皮が変色してます。
関東ではパワースポットでの有名度が高いんだというのが分かります。こうした流れに乗って神社側も参拝客を集める工夫がされるようになってきました。





三峯神社 (11)

買っちゃいました。
気功の能力が開花しますように。(笑)





三峯神社 (25)

これも時代の流れを感じるところですけど、個人的にはあまりにも商業的過ぎていているかな、と思います。
恋愛関連には必ず色んなグッズが販売されてるので。まぁ、お守りに能力を期待してる自分も同じなんですけどね。




  1. 2016/11/17(木) 10:09:04|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in  三峯神社   ~ その1 ~   


関東で最大のパワースポットと言われてる「三峯神社」に行きました。
ここは手相で有名な島田秀平さんやスピリチュアル占い師 CHIEさんが絶賛されてます。CHIEさんが書いた三峯神社も面白いです
CHIEさんは以前はスピリチュアル女子大生という肩書でしたが、大学を卒業されたのか、占い師に替わってますね。

三峯神社 (23)

三峯神社の入り口。





三峯神社 (1)

この門をくぐると、本当に空気が変わりました。
僕もパワースポットを巡るのが趣味ですけど、ここは数あるパワースポットの中でも特に気を感じられる場所でした。決してミーハーで言っているのではなく、本当にこの神社は境内から違う空気を感じました。僕は長年、気功(外気功)をやってるので多少は気の流れを読むことができるんです。久しぶりに強いパワースポットに巡り会いました!
ここはフォトブログなのでマニアックな話はこのくらいにしときますが(笑)、この話だけで延々と語りたいくらい大興奮してました。訪れて本当に良かったと思います。
自分の違う側面を思う存分出しまくれる別のブログ作って、そこでマニア向けの記事を書いた方がいいかなと思います。ww







三峯神社 (2)







三峯神社 (3)







三峯神社 (4)







三峯神社 (5)







三峯神社 (6)







三峯神社 (7)






テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/11(金) 01:46:10|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in  喜多院 (五百羅漢)   ~ その3 ~   


喜多院の五百羅漢 (21)

自分でお腹を開いて、中にいる仏様の顔を見せてます。
一見すると衝撃ですが、これは自分の心にはお釈迦様がいる、という意味なのだそうです。




喜多院の五百羅漢 (12)







喜多院の五百羅漢 (2)







喜多院の五百羅漢 (3)







喜多院の五百羅漢 (4)







喜多院の五百羅漢 (8)







喜多院の五百羅漢 (9)







喜多院の五百羅漢 (10)







喜多院の五百羅漢 (16)







喜多院の五百羅漢 (17)







喜多院の五百羅漢 (20)





テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/10(木) 22:41:27|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in  喜多院 (五百羅漢)   ~ その2 ~   


喜多院の五百羅漢 (1)







喜多院の五百羅漢 (5)







喜多院の五百羅漢 (6)







喜多院の五百羅漢 (7)







喜多院の五百羅漢 (11)







喜多院の五百羅漢 (13)







喜多院の五百羅漢 (14)







喜多院の五百羅漢 (15)







喜多院の五百羅漢 (18)







喜多院の五百羅漢 (19)





テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/06(日) 11:24:22|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in  喜多院      ~ その1 ~


喜多院 (1)







喜多院 (9)







喜多院 (2)







喜多院 (3)







喜多院 (4)







喜多院 (5)







喜多院 (6)







喜多院 (7)







喜多院 (8)






テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/01(火) 14:07:07|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

Instagram投稿写真

リンク