SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

RETRIPさん、やりすぎ(笑)

今回、埼玉遠征の際に埼玉県内にある撮影スポットを探すのに使ったのが「RETRIP」というアプリでした。
このアプリが本当に秀逸だと思ったは、情報が偏ってなくて、たくさんのライターの方が投稿されていて穴場スポットの情報が豊富なところでした。
これを使って地元周辺を見ていたところ目が留まりました。ん?なんか見覚えのある写真だな、と思って調べてみたら、やっぱり!
名駅周辺の夜景写真が見事に盗用されてました。元記事がこれでした。→名駅の夜景記事
さすがにヤバいでしょ、これ・・。トップにこれ見よがし!て感じなんですけど。
趣味のブログなので写真の使用は全然OKなのですけど、無断使用は・・。
RETRIPさん、一言言わせてもらっていいですか?

光栄な盗用 登用でありがとうございました!
今後とも宜しくお願いいたします。m(_ _)m




スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 11:59:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in 巾着田 曼珠沙華まつり      ~ その2 ~


巾着田 曼珠沙華 (1)







巾着田 曼珠沙華 (20)







巾着田 曼珠沙華 (3)







巾着田 曼珠沙華 (14)







巾着田 曼珠沙華 (4)







巾着田 曼珠沙華 (16)







巾着田 曼珠沙華 (39)







巾着田 曼珠沙華 (32)







巾着田 曼珠沙華 (7)







巾着田 曼珠沙華 (35)








テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/28(水) 23:12:21|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

埼玉遠征   in 巾着田 曼珠沙華まつり      ~ その1 ~


ひさ~しぶりに県外遠征に行ってきました。メインは彼岸花で有名な巾着田。埼玉県にあります。
関東方面には撮ってみたいスポットリストがたくさんあるけど名古屋からはなかなかすぐには行けないですからね。片道で名古屋から大阪を往復した距離と同じぐらい。
行きは新東名を使い、帰りは中央道で戻ってきました。これだけの道のりを同じ道で引き返すのはゲンナリするけど、道を変えるだけでかなり気分転換になりました。


巾着田の曼珠沙華 (1)

彼岸花の群生地では全国的にもおそらくトップの有名度を誇る巾着田。その広大なエリアにとにかく圧倒されます。
地元でも幾つか彼岸花の群生地を周ったけど、ここはやっぱり凄かった・・。




巾着田の曼珠沙華 (2)







巾着田の曼珠沙華 (3)







巾着田の曼珠沙華 (4)







巾着田の曼珠沙華 (5)







巾着田の曼珠沙華 (6)







テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/26(月) 15:01:31|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

のんほいパーク    ~ その3 ~


のんほいパーク (13)







のんほいパーク (14)







のんほいパーク (15)







のんほいパーク (16)







のんほいパーク (17)







のんほいパーク (18)








テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2016/09/22(木) 22:06:29|
  2. テーマパーク
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

のんほいパーク    ~ その2 ~



のんほいパーク (8)







のんほいパーク (9)







のんほいパーク (10)







のんほいパーク (11)







のんほいパーク (12)






テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2016/09/20(火) 12:44:56|
  2. テーマパーク
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

のんほいパーク    ~ その1 ~


炎の祭典に行った際、少し早めに豊橋入りをして、前から一度行ってみようかなと思っていたのんほいパークへ行ってきました。
ここで余裕ぶっこいていたことで炎の祭典にギリギリ入場となってひどい目に遭ったわけですけど。(笑)
何も知らずに行ったのですが、恐竜がテーマになっていました。


のんほいパーク (1)







のんほいパーク (2)







のんほいパーク (3)

これがリアルだったらこの子は気絶するだろうな。。





のんほいパーク (4)







のんほいパーク (5)







のんほいパーク (6)







のんほいパーク (7)




テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2016/09/18(日) 21:43:59|
  2. テーマパーク
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

豊橋 炎の祭典  2016


すご~く久しぶりに豊橋の炎の祭典へ行ってきました。前回の撮影が2007年。
あまりにも懐かしくて会場に入った時に少しウルっときました。
確か前回は手持ちで撮ってた記憶が・・。ホントにめちゃくちゃでした。。


炎の祭典 (1)

今回は三脚を立ててレリーズを使用。
ただ、会場入りしたのが遅かったので撮影場所をほとんど先客に陣取られてしまって、最後まで不利な位置からの撮影を余儀なくされました・・。
迫力がどうしても出せなくて、なんか悔しさの残る撮影になってしまいました。





炎の祭典 (5)







炎の祭典 (4)







炎の祭典 (2)







炎の祭典 (3)







フィナーレの打ち上げ花火は動画で撮りました。↓










テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2016/09/16(金) 23:18:40|
  2. 花火
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

小坂の滝めぐり   ~ その2 ~


小坂の滝めぐり (1)







小坂の滝めぐり (2)







小坂の滝めぐり (3)

岩肌が溶岩でできた独特の形状ですね。
世界中で溶岩の岩石はありますが、やっぱりこんなふうに縦に長細く結晶化してますね。





小坂の滝めぐり (5)







小坂の滝めぐり (6)

三ツ滝コースは勾配のない道が続くので楽です。
ただ、クマが怖かった・・。最近多いですからね。昔は山道でクマの危険なんて考えたこともなかったけど。




小坂の滝めぐり (4)

そして最後の「からたに滝 」
いい感じに虹が出てました。感動!!




小坂の滝めぐり (7)







小坂の滝めぐり (8)







小坂の滝めぐり(9)

がんだて公園から眺める巌立峡(がんだてきょう)。
数万年の年月をかけてできました。





テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/15(木) 22:49:11|
  2. 滝、渓谷、川
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

小坂の滝めぐり   ~ その1 ~


「岐阜の宝もの」第一号に認定された小坂の滝。大小さまざまな200以上の滝からなっています。
5万4千年前の御嶽山の大噴火によって大量の溶岩が固まった岩山に数万年間かけて川が浸食して美しい渓谷と滝が生まれました。
一般の観光客が観賞できるのはごく限られたエリアで、小坂の滝めぐりを本格的にやるなら専門のガイドの同伴の下で険しい道のりを進まなければいけません。
僕が今回めぐった滝は三ツ滝コースと呼ばれてる初歩的で人気のコースでした。

小坂の滝巡り (1)

三ツ滝です。
上段、中段、下段の三段になっています。




小坂の滝巡り (2)







小坂の滝巡り (3)








小坂の滝巡り (4)







小坂の滝巡り (5)

清流を極めた渓流。





小坂の滝巡り (6)

「あかがねとよ」です。
エメラルドグリーンに輝いたこの滝つぼが本当に素晴らしかったです。息を呑むような美しさでした。
これほど完璧に澄んだ水の理由は、滝から流れてきた水だけではなく、滝つぼの下からこんこんと湧き水が出ていたのです。
美しさを超えて神聖でした。





小坂の滝巡り (7)

心が洗われるようです。。。





テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/11(日) 15:36:02|
  2. 滝、渓谷、川
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

聖ゲオルグ礼拝堂


リトルワールドのドイツのバイエルン州エリアにある「聖ゲオルグ礼拝堂」。厳かな雰囲気でよくできていました。
リトルワールドは明治村のように実際の建物を移築されたものではないので、この礼拝堂は現地のものを模倣して建てられています。

 聖ゲオルグ礼拝堂 (1)

世界の文化遺産の大半は何らかの宗教観によってできたものですね。日本でも多くが神仏の影響を受けてますけど。古今東西、芸術と宗教は常に一体になってます。宗教が支配した社会は負の側面もありましたけど、精神的な余裕があったのでしょうね。合理的な現代ではこのような文化遺産は残せません。
日本では宗教に対してネガティブなイメージが強いですけど、僕たちが生きている現代社会も広い定義で言えば一つの宗教観そのものだと僕は思います。信仰の対象が時代ごとに変化しながら多様化しただけで。人間はある程度の信じるものがなければ生けていけません。それを求めていつの時代もそれぞれの価値観を形成してきました。はっきり言えることは、今現在自分が信じていることや自分のアイデンティティーは生きる時代や国が変われば全く流動的なものだったということです。絶対的なものなどありませんでした。
例えばイスラム社会では宗教観そのものが生活で、そもそも宗教という概念すらありません。我々の社会も全く同じですね。文化やルールの違いがあるだけで構造が同じです。文化遺産を見るたびに価値観に対して色んなことを感じます。



 聖ゲオルグ礼拝堂 (4)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (9)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (8)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (2)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (3)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (5)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (7)







 聖ゲオルグ礼拝堂 (6)








テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/10(土) 01:03:50|
  2. 建物
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
次のページ

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。