SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

京都の紅葉 2014   in  永観堂 ⑤

永観堂の紅葉 (18)

今年の年賀状はこの写真一枚を使いました。
あまりコテコテの風景写真は年賀状には向かない感じがして、できるだけ大衆受けしてくれそうなのを選びました。






永観堂の紅葉 (12)






永観堂の紅葉 (11)






永観堂の紅葉 (13)

これを見た時もハッとした瞬間でした。。
一面の鮮やかな紅葉が廊下の床に反射して映っていました。お寺の床は修行僧さんがよく掃除されていて磨かれてました。






永観堂の紅葉 (14)





テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/30(火) 11:34:18|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in  永観堂 ④


日本庭園の作りは常に自然の情景を取り入れてます。庭園の中でそれを表現したり、遠景にある山々を借景したりするのですが、これほど自然に対して豊かな感情を抱いた国民も珍しかったかったのだと思いますけど。それは和歌や短歌などによく現れてます。日本の四季折々の豊かさも、そんなかつての日本人には切っても切り離せないものでした。
さまざまな日本庭園のパーツの中で、水の使い方は特に風情を強調させますね。水を使って音を出す色んなアイデアや手法も日本独特です。更に、そこにはいつも四季の訪れも絶妙に計算されていました。
日本庭園を鑑賞する上で僕は心がけているのはイマジネーションと感情です。これは写真を撮影すること以上に大切にしています。


永観堂の紅葉 (16)






永観堂の紅葉 (31)






永観堂の紅葉 (9)






永観堂の紅葉 (30)






永観堂の紅葉 (32)






永観堂の紅葉 (29)






永観堂の紅葉 (34)






永観堂の紅葉 (33)








テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/28(日) 19:48:11|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in  永観堂 ③


南禅寺に続き、永観堂もド迫力の紅葉がこれでもか、と続きました。
紅葉の時期に初めて訪れた僕は衝撃でした。四季の違いでやっぱり印象が変わりますね。

永観堂の紅葉 (20)





永観堂の紅葉 (19)






永観堂の紅葉 (21)






永観堂の紅葉 (35)






永観堂の紅葉 (28)











テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/27(土) 19:13:24|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in  永観堂 ②

明日はクリスマスイブですね。
今からちょうど100年前のクリスマス、時は第一次世界大戦の真っ只中でした。
そのクリスマスの日に戦場で奇跡が起こりました。なんと、イギリス軍とドイツ軍が休戦をしてサッカーをやりだしたのです。先ほどまで銃を持って殺し合っていた両軍の兵士たちのフィクションとしか思えないこの物語は実話でした。その短編の映画のようなCMがイギリスで制作されてました。


      100年前に第一次世界大戦で起こった奇跡の「クリスマス休戦」






さてさて、秋の京都撮影で目を引いた瞬間の数々の一つで、山茶花と紅葉がミックスしてたのが印象に残ってます。
思わず涙腺が緩むほど心打たれました。。。


永観堂の紅葉 (36)

陽光を背に受けて真っ赤に燃える紅葉の中に、よく手入れされた綺麗な山茶花の花!






永観堂の紅葉 (6)






永観堂の紅葉 (7)






永観堂の紅葉 (1)






永観堂の紅葉 (8)










テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/23(火) 22:51:34|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in  永観堂

「ワールド・ベスト・アワード2014」の人気観光地ランキングで京都が一位になったことを書きましたけど、京都が世界で知名度と関心が高まってるのを僕が感じたのはGoogle+に投稿した京都写真でした。Google+は海外のSNSなので、僕は記事を書く時は撮影地を英語でも表記しておくのですが、「Kyoto」の地名は外国人の目を引きますね。反応が全然違って、それだけで今までにないアクセス数と評価を頂きました。そして、そのほとんどが海外からでした。
いつか僕は京都で撮った写真を集めて海外で個展を開くのが夢なんですけど、Google+での評価はこんなに嬉しいことはなかったです。言葉や文化が違っても写真には国境はありません。そして、たとえ僕が生まれた国を嫌う国があったとしても、写真の前ではお互いに好意的、平和的な交流ができます。写真の世界に巡り会えて本当に良かったと思います。


永観堂の紅葉 (10)






永観堂の紅葉 (2)






永観堂の紅葉 (3)






永観堂の紅葉 (4)

EF16-35mm F4L IS USM で撮影。
今回の京都遠征で最も稼働したのがこのレンズでした。
あまり作例を見かけませんが、開放でもこういう撮り方はできます。これだけ広角レンズでボケが効けば僕はF2.8は要らないですね。
広角レンズは寄れるのが特徴なので、その特性を活かせばF4でも十分使えます。





永観堂の紅葉 (5)










テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/22(月) 00:38:30|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in  南禅寺



南禅寺の紅葉 (1)

南禅寺に立派なイチョウの木が一本あります。
やっぱり綺麗に黄葉していました。イチョウの葉の傘に入ると迫力がありました。
紅葉と黄葉のコントラストが美しかったです。。




南禅寺の紅葉 (6)






南禅寺の紅葉 (5)






南禅寺の紅葉 (2)

この写真を見て気がついたのですが、、、
しまった!大門の2階からの景観を見るの忘れた。







南禅寺の紅葉 (3)






南禅寺の紅葉 (4)








テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/20(土) 11:10:35|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in  南禅寺 「水路閣」


世界で最も影響力がある旅行雑誌の一つとされるアメリカのトラベル+レジャー誌の「ワールド・ベスト・アワード2014」の人気観光地ランキングで、なんと京都が堂々の1位に輝きました!トルコのイスタンブールやイタリアのフィレンツェ、フランスのパリなど、世界の強豪都市を抜いてのトップです。
京都は2012年に初のベスト10入りして、2013年は4位でした。東京でもトップ10入りはできない世界ランキングで大健闘しました。なぜ数年でこれほど急に京都が注目されてきたのかは僕は分かりませんけど。一時的なブームかもしれないけど。^^;



南禅寺 「水路閣」 (1)

南禅寺内にある場違いな景観。
琵琶湖から京都へ水を引くために造られたもので、この水道橋は現在でも現役で使われています。







南禅寺 「水路閣」 (4)






南禅寺 「水路閣」 (5)






南禅寺 「水路閣」 (3)






南禅寺 「水路閣」 (6)






南禅寺 「水路閣」 (2)





「撮影よもやま話へ・・」

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/16(火) 17:10:49|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in 南禅寺塔頭 天授庵  ③


天授庵 紅葉 (1)






天授庵 紅葉 (2)






天授庵 紅葉 (3)






天授庵 紅葉 (4)






天授庵 紅葉 (5)






天授庵 紅葉 (6)







テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/14(日) 13:42:37|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in 南禅寺塔頭 天授庵  ②


紅葉も終わりましたが、まだまだ紅葉の投稿つづきます。。
この日はよく晴れて紅葉日和でしたが、どこまでも続く紅葉があまりにも鮮やかで、夜になっても昼間見た赤いモミジの葉が目に焼き付いて離れなかったです。それぐらいこの日は近年稀に見る素晴らしい紅葉でした。。

天授庵の紅葉 (8)






天授庵の紅葉 (7)






天授庵の紅葉 (10)






天授庵の紅葉 (11)






天授庵の紅葉 (12)




テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/11(木) 17:01:53|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

京都の紅葉 2014   in 南禅寺塔頭 天授庵

しばらく奈良の各地を撮っていましたが今年の紅葉は再び京都を遠征しました。
今回は車を京都市中心部から少し離して停めて、そこから公共交通機関を使って周りました。京都市の市営地下鉄は1日乗車券が600円です。地下鉄を軸にして近鉄と京阪を利用して東山区と左京区を集中的に行きました。京都市の路線図、乗り換え案内アプリ、それから徒歩で使うグーグルマップ、京都観光アプリやグルメアプリなどをフル活用しました。今まではどちらかというと撮影に特化させた京都巡りだったけど、今回は京都観光らしくなって楽しかったです。
いつもはクルマの中にすべての機材を詰め込んで、お寺の状況に応じて必要なレンズを出してくるというやり方でしたけど、徒歩が多くなる今回は持ちレンズを絞らないといけなかったので選択に迷いました。使用レンズはズームの標準と広角、単焦点レンズ3本の合計5本。カメラは2台体制。一日中担いで歩き続けるにはちょっと重量オーバー気味でシンドかった・・。朝から夜のライトアップまで撮り続けてクタクタでした。京都のお寺は寄って撮れるシーンが少ないので単焦点は外した方が良かったかな・・。代わりに望遠を入れた方が正解だったと思います。


天授庵の紅葉 (2)

最初に訪れたのが実に8年ぶりとなる南禅寺の天授庵。まだ買いたての一眼レフをオートでしか撮れなかった頃に訪れた以来でした。
あれからすっかり京都にハマっちゃいました。今では京都観光ガイドブックに載っているクラスの神社仏閣は9割ぐらい巡ったと思います。

南禅寺は臨済宗なので禅宗のお寺です。禅寺は日本庭園独特の世界観が一番色濃くでてるような気がします。
禅僧にとって庭園は観賞のためにあったのではなく、あくまで修行の一環でした。なのでそこには禅の世界観そのものが表現されていました。龍安寺をはじめ、外国人にも知られるような名庭園はやっぱり禅寺が多いです。




天授庵の紅葉 (1)






天授庵の紅葉 (3)






天授庵の紅葉 (5)






天授庵の紅葉 (4)







天授庵の紅葉 (6)

今年は僕が見た限りでは欧米からの観光客が少なかったと思います。円安の今は来やすいはずですけど。たまたまでしょうか。
一方、アジアからの観光客は多かったです。特に中国人観光客ですね。一時期、尖閣諸島問題でめっきり少なくなりましたけど、また回復してきました。アジアからの観光客の動向は国際情勢を敏感に反映します。
それからごく最近ですが、中国や韓国以外にもアジア観光客が少しずつ増えています。第二の新興国が成長し始めているからでしょうね。東南アジアからも裕福な人が増えているんだなというのを観光客から実感します。







テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/07(日) 21:33:35|
  2. 紅葉
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
次のページ

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

Instagram投稿写真

リンク