SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

虎渓山永保寺の雪景色

もう冬も終わりに近づいてきました。今年の冬は久しぶりにシーズンを通して寒かったですね。
今年は雪景色の風景を一度も撮りに行けず・・。残念です。
1年前、東海地方にも雪が積もった朝に、岐阜県多治見市にある「虎渓山永保寺」まで撮りに出かけたことがありました。母を亡くした直後の頃で、まだダメージから立ち直れていなかった時の感情が一緒に写真に焼きつきました・・。誰でもそうだと思いますけど、写真はそれを見たときにその頃の自分の環境や考えていたこと、周りにいた人たちなどの直接写真に関係していないものも含めて全ての思い出を一緒に引き出しますよね。それを撮影したのが自分であったならば、尚更です。

永保寺を作庭したのが夢窓疎石(夢窓国師)。他に彼が手がけた日本庭園で有名なのが京都の天龍寺と西芳寺です。西芳寺の方はリストに入ったままなかなか行けず。拝観料が3000円ということで尻込みしてました・・。
一方、天龍寺は何度も行きました。印象に残ってるのは池を使った池泉回遊式庭園と砂利で作る枯山水が両方あったことでした。この二つの様式は作庭に対する思想が全然違うはずなのですが、夢窓疎石は面白い庭師だったんでしょう。
そんな有名な庭師が岐阜県の辺ぴな場所のお寺を作庭していたということで虎渓山永保寺へは行くのを楽しみにしてました。休みの前日の晩に雪が降ったある日、多治見まで飛んでいきました。


虎渓山永保寺の雪景色 (4)

池泉回遊式を使ったカッコいい作りになってます。天龍寺では人工的に植えた木々で紅葉や桜を演出してましたが、こちらは背景に山を借景してます。山に被った雪もそのまま借景されました。
ちょっと控えめの積もり方で完璧ではありませんでしたけど、いいイメージでいけたと思います。


虎渓山永保寺の雪景色 (2)

写真にして初めて気が付いたんですけど、松の葉に積もる雪は綺麗。
望遠でクローズアップしても面白かったかな。


虎渓山永保寺の雪景色 (5)

無際橋という名前。永保寺のシンボル。
この橋は老巧化が激しかったらしく、新しく修復されたばかりだそうです。


虎渓山永保寺の雪景色 (6)


IMG_8379.jpg

撮っている間にもどんどん溶けていった雪。
もう少し遅く来てたら雪景色に間に合いませんでした。


虎渓山永保寺の雪景色 (3)


虎渓山永保寺の雪景色 (1)


    SHUNのツイッター


「撮影よもやま話へ・・」

テーマ:冬の景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/29(水) 22:59:03|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

徳川園の冬牡丹 2012

久しぶりに徳川園の冬牡丹を撮りに行きました。
この時期は園内にある徳川美術館のイベントがありますけど、冬牡丹でお客さんを集めて美術館の入場で利益を出してるようですね。僕は美術館はパスしました。
この徳川園がある東区の名古屋市の基幹バス沿いは利用者さんを連れてよく降りるので徳川園周辺も馴染みのエリアになってきました。こういう所が好きな方も多いのでいつか誰かを連れて来ようと思いつつなかなかタイミングがつかめず。
利用者さんを連れてくると入場料と美術館がタダになるのに。(そういう問題じゃないだろ!)


徳川園の冬牡丹2012 (1) 1


徳川園の冬牡丹2012 (9) 2

仲良し。。


徳川園の冬牡丹2012 (2)
3


徳川園の冬牡丹2012 (3) 4


徳川園の冬牡丹2012 (4)
5

寒そうに藁囲いの中に隠れているようで可愛いですね。



徳川園の冬牡丹2012 (5) 6


徳川園の冬牡丹2012 (7) 7


徳川園の冬牡丹2012 (11) 8


徳川園の冬牡丹2012 (13) 9


徳川園の冬牡丹2012 (6) 10


徳川園の冬牡丹2012(16) 11

もみじの落ち葉が積もった池。
そのキャンバスの上を一匹の鯉が泳いでいく姿が印象的でした。


徳川園の冬牡丹2012 (14)
12


徳川園の冬牡丹2012 (8) 13

石についた藻。


徳川園の冬牡丹2012 (10)
14


徳川園の冬牡丹2012 (15) 15


徳川園の冬牡丹2012 (12) 16 「撮影よもやま話へ・・」

テーマ:冬の景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/12(日) 11:27:30|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:8

おそるべし!スマホ(iPhone 4S)の画質

スマートフォンを使うようになってから搭載カメラを使うことが多くなりました。折りたたみ携帯の頃は記録用に使うだけでその他はめったに撮りませんでしたけど。
それが頻繁に撮りたくなってきた理由は画質の良さです。これはもうコンデジに完全に追いついてきたという実感ですね。僕のはiPhoneですが、日本製メーカーのアンドロイド端末に比べてカメラ機能では少しだけ劣っているような気もしますけど、それでも折りたたみ携帯電話時代の画質とは別物です。
ちょっとマニアックな話になりますが・・・

全てiPhone 4Sで撮影

成田山初詣 (1) 1

犬山の成田山へ初詣で行った時に撮りました。
サイズを縮小した以外は全部撮って出しの画像です。

成田山初詣 (5) 2

中央にある山の右にあるのが犬山城。
絞られていないのに近景から遠景までパンフォーカスで写るのが撮像素子の小さいカメラ独特の写りですね。
さすがに解像力では一眼に及びませんが、一眼のレンズと撮像素子の大きさを考えると、あの豆粒みたいなカメラからこれだけの画像が写し出されていることが奇跡だと思います。
ちなみに、撮像素子の大きさの表があるのですが、比較すると驚きます。
デジタルカメラの撮像素子一覧表
この表を見ると、僕らが使ってる一眼カメラの撮像素子はだいたい上から6つ以内に入ってます。
Lumix、サイバーショット、IXYなどのコンデジでさえ豆粒のようなセンサーですが、携帯端末に搭載されてるのはそれよりも更に小さいものであることを考えると、とんでもない大きさの差があることが分かります。虫めがねで見ないと分らないような部品です。
貧弱なレンズによる写りの制限も考えると、どれだけスマートフォンのカメラが善戦しているか、ですよね。。

成田山初詣 (4) 3


成田山初詣 (3) 4


成田山初詣 (2) 5


成田山初詣 (6) 6


写真 12-01-24 12 37 09 1
7

これは春日井市の図書館のロビーで。
ちょっとシャッターのタイムラグがきついですが、スナップもこなしてくれます。コンデジが必要なくなりました。。
ただ一つだけ、どうしても馴染めないのはタッチパネルのシャッターボタンですね・・。特に一眼に慣れた人なら使いにくく感じてしまいます。元々ボタンを搭載しないのがウリのスマートフォンにそれを要求するのは間違ってますけど。


栄の夜景 (1) 8

そしてそして、、、驚いたのが栄で撮ったこのオアシス21の夜景です。
正真正銘、アイフォンで撮った写真です。手持ちです。
ホワイトバランスを変えられないので、肉眼で見た色に近づけるためにフォトショップにて赤みの彩度を少し上げてます。
手振れ補正は効いてるようでしたが、このぐらいの光量になるとさすがにきつかったです。多分、絞り2段分もなかったんじゃないかな。息をとめてしっかりホールディング。ペラペラの機体なのでホールディングもやりづらい。(笑)
感度はオートIOSです。Exif情報を見てみると、だいたいISO800ぐらいで撮っていました。
なんと、ISO800ですよ!一昔前の一眼でもこんなノイズレスにはできませんでした。
NRはPCでもかけてませんが、写真を見ても分るとおりカメラ内で自動補正がかかっているようでした。芝生の地面がなめられたような跡があります。
とにかく、こんなカメラが携帯端末のオマケでついてくるのだから凄い時代になったと思います。


栄の夜景 (2) 9


栄の夜景 (3) 10



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/09(木) 01:14:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

薪ストーブを撮りにログハウス展示場へ 2012 ~後編~

ログハウス展示場の続きです。
薪ストーブの暖かさは写真では伝わりませんが、実はログハウス室内はTシャツでも大丈夫なくらいです。しかも吹き抜けの2階までしっかりと暖めてました。最近の日本のログハウスは住宅向けにアレンジされてきて2階の面積を広くして吹き抜けの空間を小さくしてますけど、ログハウスに元々吹き抜けが多かったのは、寒い地方のフィンランドやカナダで暖房効果も考えていたような気がします。暖かい空気はやがて上に上がっていきますから。
それと、近年になってから薪ストーブの熱効率が飛躍的に伸びたのだそうです。熱が煙突から外へ逃げないように技術が進歩してます。
そんな訳で、僕は汗だくになりながら撮影をしていました。(笑)そこまで暑かったわけじゃないのですけど。
昔から写真撮影をする時はいつも熱くなってました。多分、集中してるからなんだろうけど、夏だろうが冬だろうが写真を撮ってる時はよく汗かいてます。(^^;
スタッフの方から「汗をかいていらっしゃる方を初めて見ました。」と笑われました。


BESS 小牧展示場   (23) 1

3棟あった展示場の全てで薪ストーブが焚かれてました。ラッキー!
火が焚かれるのと焚かれないのとでは絵が全然違ってきます。


BESS 小牧展示場   (22) 2


BESS 小牧展示場   (18) 3


BESS 小牧展示場   (16) 4


BESS 小牧展示場   (17) 
5


BESS 小牧展示場   (19) 6


BESS 小牧展示場   (14) 7

ログハウスに住んでいたら、椅子とかテーブルとか小物とか自分で何でも作りたくなるでしょうね。。
ホームセンターで材料を見に行くのが楽しみになるだろうし、旅先で見つけた天然の材料にも目が行くようになると思います。現在の住まいだとそんな気にはなりませんが・・。

BESS 小牧展示場   (12)
8


BESS 小牧展示場   (15) 9


BESS 小牧展示場   (20) 10

いいですよねぇ。
男の隠れ家って感じで。


BESS 小牧展示場   (24) 
11



BESS 小牧展示場   (25) 12


BESS 小牧展示場   (26) 
13



ツイッターを始めました。
・・といってもアカウントを作成しただけですが。。
このブログと連携させて写真撮影に特化したツイッターにします。撮影先の現地でスマホで撮った写真を載せるとか。
ツイッターをされてる人でよかったらお友達になりましょう。どうやって友達をフォローするかの操作も分かりませんが。(笑)

SHUNのツイッター  https://twitter.com/#!/photowalkerSHUN</u></span>">https://twitter.com/#!/photowalkerSHUN

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/01(水) 18:49:49|
  2. 建物
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:6

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

Instagram投稿写真

リンク