SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

名古屋港水族館 2

いや~それにしても台風15号凄かった・・。
名古屋市内が避難勧告になりましたけど、あれは11年前に襲った東海豪雨の反省から勧告エリアが広がったのだと思います。
僕のところはというと、なんと家の近くを流れていた川の堤防が崩れて、一時大量の水が住宅街に流れ込んで床下浸水状態になりました。僕は仕事から帰ってきて初めて知ったのですけど、さすが警察の対応が早くてすぐに土のうが積まれて応急処置がされてなんとか堤防が修復されて難を逃れました。水面がもう限界に来ていたのですけど、あの雨量が次の日も続いていたら完全に決壊していたと思います。
このエリアは東海豪雨の時は大丈夫だったはずなのですが、やっぱりこういうのはどこが決壊するのかは分からないですね。だいたい土砂崩れとか津波とかもそうですけど、今までに一度もそんなことがなかった所にいきなり天災というのは襲いかかるものなんだと思いました。
でもね、こういう言い方はここでするもんじゃないですけど、僕は地震とかも含めて、死ぬときは死ぬときなんだだと最近思うようになりました。死そのものの痛みは確かに怖いですけど、命が絶たれることに対する恐怖はなくなってきましたね。。人間も所詮は動物の一員なんですよね。鳥は羽が折れた時が寿命で、動物は外敵に襲われた時が寿命です。それが自然の摂理です。人間も天災か事故か病気か寿命か、その違いがあるだけで、それを重要な問題にしているのは単に人間のエゴなんじゃないのかと。
身近な人の死に立ち会ってみると、人間の死がこんなにもあっけなく突然に訪れるものなのかというのを感じたのですが、半年前の東北の震災ではそんな「突然」がどれだけたくさんの人に訪れたことか・・。そういう不条理さを自分の中で解決できるとすれば、それは死ということが意外なことではないことに気がつくことだと思ったのです。それで全ての悲しみが無くなるとは勿論思ってないですが、少なくとも僕は悲しみにくれる人を救う福音だと感じてます。要するにこれは仏教でいう禅的な考え方の一つです。
そんな考え方はネガティブなような気もしますけど、でも逆に以前よりも今を一生懸命生きることに意識が向いています。

今回と前回の近畿を襲った台風で被害に遭われた方たちのお見舞いを心よりお見舞い申し上げます。


名古屋港水族館の続きです。
一緒に行った男の子に写真を送ったら、自分が写ってる写真もブログに載せてもいいよ、とのことだったのでご両親にも了解を得てアップすることにしました。

名古屋港水族館  (1)

イルカとのコラボ。
ひっくり返って泳いで見せる姿がサービスよかったです。


名古屋港水族館  (5)

海底に降りたような気分にさせてくれる場所。


名古屋港水族館  (4)


名古屋港水族館  (3)

サメに食べられちゃうような気がしてちょっと怖い。

名古屋港水族館  (2)


名古屋港水族館  (6)


名古屋港水族館  (7)
こっちが本当の顔か?


名古屋港水族館  (8)


名古屋港水族館  (9)


名古屋港水族館  (10) 

ちゅ~


IMG_4899.jpg





スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/26(月) 23:19:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:8

中日対ヤクルト 首位攻防戦

いよいよプロ野球も終盤に入って優勝争いに入ってきました。
9月23日のナゴヤドームでのセリーグ首位攻防戦。中日対ヤクルトの4連戦の初日のチケットを手に入れた知り合いに誘われて久しぶりに野球観戦に行ってきました。
2位の中日は首位ヤクルトに4.5ゲーム差でつけていました。この4連戦は優勝を占なう大切な試合です。
昔はプロ野球が大好きで毎日のように中継を見てましたけど、今はニュースでハイライトをちょっと見る程度で選手の名前も成績もチンプンカンプンなのですが、とにかく久しぶりの球場での野球観戦だったので燃えました~。
一応僕も地元のドラゴンズファンなので、中日びいきの記事になりますが。あしからず。

中日対ヤクルト首位攻防戦 (1)

バックネット裏から。最高の場所!
中日先発のネルソン。150キロ近いストレートをボンボン投げました。
しかし、コントロールが大変悪くて荒れてました。それでも何とか抑えていきました。
一方のヤクルト先発の石川は大変上手い変化球ピッチャーで、ホームランこそ打たれましたが中日打線を8回まで2安打に封じてました。

中日対ヤクルト首位攻防戦 (11)

昨年、球団最高打率を更新して首位打者になったヤクルトの青木。いかにも打ちそうなオーラを出してました。
ちょっと変則的なバッティングフォーム。コマ打法と呼ばれてるそうです。
確かに狙ったところに正確なコースの打球を飛ばして上手いヒットを打ってました。


中日対ヤクルト首位攻防戦 (15)

中日の4番ブランコ。今年は不調です。
写真は大きく空振りをした瞬間。ちょっと一発を狙いすぎ?

中日対ヤクルト首位攻防戦 (8)

リリーフピッチャー。名前忘れた。(--;

中日対ヤクルト首位攻防戦 (9)

とうとう同点に追いつかれた8回の表。試合の流れは完全にヤクルトペースでした。
ここまで2安打の中日に嫌なムードが漂い始めてました。
しかしこの後の8回の裏に、今までのうっ憤を晴らすような中日の怒涛の攻撃が始まります。


中日対ヤクルト首位攻防戦 (10)

ツーアウトから荒木が二塁打で出塁すると、続く井端が適時打で1点を入れて再びリード。
この時の荒木のバックホームのタイミングは完全にアウトでしたが、キャッチャーを巧みに避けて周り込んでのヘッドスライディングでした。判定はセーフ。
その瞬間にナゴヤドームに地響きが鳴るような大きな歓声が上がりました。内臓に響いてくるほど。 
さすがホームの試合です。応援を見方につけてます。この後、勢いに乗って更に3点を追加して試合を決めました。
静まり返っていたムードから一転してドンちゃん騒ぎになっていきました。

中日対ヤクルト首位攻防戦 (12)

ヒーローインタビューの荒木と井端。
荒木のユニホームの汚れは、8回の裏に好走塁をしてホームにヘッドスライディングした時のもの。 

中日対ヤクルト首位攻防戦 (13)

中日は24日の今日もヤクルトに3-2で九回に谷繁のサヨナラホームランで勝ちました。
なんと、これでゲーム差が2.5まで縮まりました。
名古屋が熱くなってきました!

中日対ヤクルト首位攻防戦 (14)

ショ~タ~イム!

中日対ヤクルト首位攻防戦 (3)


中日対ヤクルト首位攻防戦 (2)


中日対ヤクルト首位攻防戦 (6)
結構パンツを撮るのが難しい。動きが読めないのです。

てか、必死になって狙う写真でもないのですが。(笑)

中日対ヤクルト首位攻防戦 (4)


IMG_5046.jpg

髪が蛇女みたいだ。。  

中日対ヤクルト首位攻防戦 (7)

モテモテのドアラくん


中日対ヤクルト首位攻防戦 (5)




動画をアップしている人がいました。↓











テーマ:スポーツ観戦写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/24(土) 23:24:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:2

オアシス21の夜景  

名古屋の栄に行ったついでに久しぶりにオアシス21へ行きました。
ここの夜景は一時期に何度も通いました。
節電のためか、オアシス21全体の照明が以前よりも暗くなってました。水の宇宙船から見渡す栄の街の夜景も、やっぱり明るさが弱くなっているのが一目で分かりました。

オアシス21の夜景 (1) 

水の宇宙船の上から。
アナログ放送終了と共に役目を終えたテレビ塔。57年間のテレビ電波発信の歴史に幕を閉じました。
戦後の復興から高度経済成長、バブル崩壊、リーマンショック後の大不景気。大都市の名古屋の街の移り変わりの全てを空からずっと見守ってきました。
河村市長はこの名古屋のシンボルのテレビ塔の今後の活用方法を市民から募っています。
テレビ塔を取り壊すなんてことは有り得ませんからね。これからもずっと名古屋の顔であり続けて欲しいです。

オアシス21の夜景 (2)





テーマ:夜景、イルミネーション - ジャンル:日記

  1. 2011/09/16(金) 00:24:30|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

名古屋港水族館のイルカショー

久しぶりに名古屋港水族館へ行きました。10年ぶりぐらいかなぁ。。
海外ではイルカセラピーという療法の研究が進んでいて、主に自閉症の子供たちにイルカと戯れさせることで症状の改善が認められています。広い意味ではアニマルセラピーの一つですが、こういう療法は海外の介護現場では認知度が高く国が予算を積極的に設けてますが、日本ではこういうのはあまり受け入れられないようです。
イルカショーを見てきたのですが、僕も童心に返りました。(笑) 興奮しました~


名古屋港水族館イルカショー (1) 1

イルカの生態はまだまだ不可思議なことがいっぱいあって研究途上ですが、一番すごいと思うのはテレパシー能力を持っているだろうと言われてるところです。どこまで心が伝わるのかは未知数ですけど、少なくとも相手の心を読む力は人間以上なんだろうと僕は信じてるのですが。

名古屋港水族館イルカショー (2) 2

水族館のガラスの前で幼児がイルカに好奇心を示すと、それに応えるかのようにイルカが近づいてきてクルクル回って見せたりしました。
癒し系です。。イルカと他の動物の違うところは、意図的に人間の心を和ませてくるところです。

名古屋港水族館イルカショー (3) 3


名古屋港水族館イルカショー (4) 4

イルカショーです。
スピーディーな音楽に合わせて猛スピードで泳ぎながらジャンプ!
先日、名古屋港水族館でジャンプに失敗したイルカが水槽の外に着地してしまい、命を落としたニュースがありましたが・・。
こういうジャンプは当たり前のように見てきましたけど、よく考えたらかなり危険で命がけなんだな、というのを知りました。


名古屋港水族館イルカショー (6) 5


名古屋港水族館イルカショー (7) 
6

浮かんでいる飼育員を下から突き上げて一緒にジャンプ。


名古屋港水族館イルカショー (12)
7


名古屋港水族館イルカショー (8) 
8


名古屋港水族館イルカショー (5) 
9

ボールに向かってジャンプ。


名古屋港水族館イルカショー (13)
10

ナイスタッチ!


名古屋港水族館イルカショー (14)
11

今度は体をひねって。


名古屋港水族館イルカショー (15)
12

おしりでタッチ! お見事。


名古屋港水族館イルカショー (10)
13

大きく放ったフリスビーを追いかけて空中でキャッチ。
水中に潜りながら空中を飛んでるものが正確に見えてるなんて凄いな~


名古屋港水族館イルカショー (9) 14


名古屋港水族館イルカショー (11)
15

IMG_4552.jpg 16

「イルカシャワー」。
幸い僕たちのエリアは大丈夫でしたが、海水をあれだけ一眼カメラにかけられたらお陀仏になるところでした。(笑)


IMG_4579.jpg
17







テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/10(土) 21:34:37|
  2. その他の動物
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:10

多度大社 ちょうちん祭り

最近のデジタル一眼の秋モデルの傾向なんかを見てると、高画素と高感度の2点でしか画質が語られなくなってきてしまってますが・・。カメラが家電化してますね。個人的には、欲しいな!と思えるようなワクワクできるカメラがなくなってきました。(^^;
なんていうのかな、、細かい個性は淘汰されてなくなっていくのがデジタル機器の運命といえますね。パソコンやテレビなどが辿ってきたのと同じ道です。そういう傾向は最後は低価格を武器にする中国製や韓国製が市場を独占していくのですが。。現在、デジカメ市場はサムスンをはじめ、アジアメーカーが虎視眈々と参入できるチャンスを狙っています。
僕の勝手な予想ですが、10年以内には世界のコンデジ市場のシェアは日本メーカーから中国メーカーへシフトしていくような気がします。デジタル機器というのは成熟して性能が伸び悩み始めて技術的に先行メーカーの優位が難しくなってきた時が節目で、その後は次第に人件費の安い海外メーカーがどんどん食っていきますね。
ソニーやパナソニックが一眼市場でこれだけ必死に新しい開発を急いでいるのは、一つにはそういう理由もあると思いました。コンデジでは近い将来追いつかれるけど、一眼交換レンズの開発は長年蓄積されたアナログ的な技術が必要なので後発メーカーの参入には時間がかかります。もっとも、最近の韓国や中国メーカーは、老舗の日本メーカーの部門を会社ごと買収してしまいますが・・。


三重県桑名市にある多度大社で夏のお祭りがありました。
「多度大社ちょうちん祭り」というイベントで、数千個の提灯が多度大社の参道から本殿まで灯ります。
はやいもので、これを撮ってから3年も経ってしまいました。
ほんと、いろんな所に行ってたなぁと思い返します。。
2008年8月16日撮影

多度大社ちょうちん祭り (1) 1


多度大社ちょうちん祭り (2) 2


多度大社ちょうちん祭り (3) 3


多度大社ちょうちん祭り (5) 4


多度大社ちょうちん祭り (6) 5


多度大社ちょうちん祭り (7) 6

若い参拝客を入れようと神社も必死です。


多度大社ちょうちん祭り (8) 7


多度大社ちょうちん祭り (9) 8


多度大社ちょうちん祭り (10) 9


多度大社ちょうちん祭り (11) 10


多度大社ちょうちん祭り (12) 11


多度大社ちょうちん祭り (13) 12




凄すぎる4人姉弟↓




テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/03(土) 19:07:31|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:0

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。