SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

幸田町 本光寺の紫陽花

蒲郡の形原温泉のあじさいの里から数キロのところにあじさい寺で有名な本光寺というお寺がありました。
三河地方では形原温泉と本光寺が2大紫陽花スポットのようです。

幸田町本光寺の紫陽花 (7)
1

形原温泉が若いカップルや家族連れが多かったのに対して、
こちらの本光寺はご年配の方たちが圧倒的に多かったです。。(^^)

豪華な見せ場の形原温泉とは真逆のイメージで楽しめました。
曇り天気でシトシトしてたからなのか、お寺が持ってる独特の「わび」をいつもより強く感じて。
わびと紫陽花はよく合いますね~
ただ一つだけ残念だったのは、お寺の本堂と上手くコラボできたカットがなかったことです・・。

幸田町本光寺の紫陽花 (4) 2


幸田町本光寺の紫陽花 (2)
3


幸田町本光寺の紫陽花 (3) 4
ベンチに乗せられたまま怖くて飛び降りれないワンちゃん。
口笛を吹いたらカメラ目線をくれました。

幸田町本光寺の紫陽花 (1) 5


幸田町本光寺の紫陽花 (5)
6


幸田町本光寺の紫陽花 (6) 7


幸田町本光寺の紫陽花 (8)
8


幸田町本光寺の紫陽花 (10) 9


幸田町本光寺の紫陽花 (9) 10


幸田町本光寺の紫陽花 (11)
11


2.jpg
12

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/30(木) 22:34:13|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:14

形原温泉の紫陽花~夜バージョン~

先週末に紫陽花の花を撮ろうとしたのはいいのですが、場所選びに優柔不断で二転三転しながらようやく当日の朝に決めて蒲郡まで飛びました。東海地区最大級となる20種類以上、5万株の紫陽花が咲く形原温泉でした。同じく紫陽花では東海地方で最大級の「なばなの里」が有名ですけど、形原温泉は見せ場が違いました。

風景写真家の大御所の竹内敏信さんがカメラ雑誌で語っていた言葉でとても影響を受けたことがありました。それは「光を制するものは写真を制する」というところでした。最近は撮ってる時は常にこれが頭から離れません。
竹内さんは風景撮影の専門家なので、あくまでその意味は風景写真に限って考えていますけど、この考え方はかなり影響を受けました。竹内さんの写真はまさに光のマジックで、絶妙に光をコントロールすることで自在に風景を変えていきます。昼間の撮影では太陽の陽の使い方次第で全然趣きは変わってきます。単にお日様が照っていれば良い写真になるという見方だけでは決してモノにすることは無理で、あれは経験と技と感性の結晶です。竹内さんの愛弟子さんたちも、そこを操るのが大変上手いのです。あれは明らかに竹内さんの影響だと思います。
それに習ってかなり僕も練習してきたんですけど、この見方はそのまま夜景撮影にも応用していけます。
夜景撮影というのは昼間の撮影以上に光のコントロールが必要です。極端に言うと、構図なんてヘボくてもいいから、どれだけ光を上手く景色と融合させるか、という点だけを気をつけてます。更に極端に言うと僕は正直、花よりも光を主題にしてます。主題と副題を逆転させるぐらいのつもりでいっていいと思ってます。
竹内さんの写真からは本当に色々と学びました。

形原温泉の紫陽花ライトアップ (1) 1


形原温泉の紫陽花ライトアップ (5) 2


形原温泉の紫陽花ライトアップ (3) 3
梅雨時の湿った空気にライトの光がにじみました。。



形原温泉の紫陽花ライトアップ (9) 4



形原温泉の紫陽花ライトアップ (4) 5


形原温泉の紫陽花ライトアップ (10) 6



形原温泉の紫陽花ライトアップ (11) 7



形原温泉の紫陽花ライトアップ (8) 8


形原温泉の紫陽花ライトアップ (7) 9


形原温泉の紫陽花ライトアップ (2) 10


形原温泉の紫陽花ライトアップ (6) 11


形原温泉の紫陽花ライトアップ (12) 12

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/25(土) 01:08:57|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:10

百年公園の睡蓮

花菖蒲を撮りに行った百年公園で睡蓮の花が咲いてました。
久しぶりの睡蓮は撮っていて面白かった。。二年前、三年前と比べて何かが変わっていたりしてた時が一番嬉しいですね。ホッとします。

毎年季節の旬の題材を追いかけますけど、花とか紅葉などを初めて撮る時に一番感じるのが期待と同時に怖さです。去年の自分と全然変わっていなかったらどうしようかな・・と。上手くなってなかっても構わないんです。ただマンネリ化することだけが怖いんですよね・・。僕は飽きっぽい性格なのでそうなった時が自分でも怖い。気分転換に使ってる道具を新型に変えてみても解決することはないでしょう。初心者だった頃はそれでよく誤魔化せたけど、自分の写真が金で買える、という考え方は長くは続かなかった・・。そもそもそんな浅い世界だったとしたら直感で写真に興味を持つこともなかったと思う。
もし写真撮影が同じことを毎年繰り返すだけで変化のないものだとしたら、僕にはとても趣味にはなり得ないと思う。そういえば昔、尊敬していたアマチュアカメラマンの方が同じようなことを言ってのを思い出しました。その時は何を言ってるのか分からなかったんですけど。真面目にやりすぎるタイプにこういうことで悩む人が多いのだと思う。(笑)
今年で一眼始めて5年ですが、そろそろ僕にもその時が来ないように常に何か変えてみようと、変わってみようと必死になるのでした。(笑)


百年公園の睡蓮 (0) 1


 
百年公園の睡蓮 (1)
2


百年公園の睡蓮 (2) 3



百年公園の睡蓮 (3)
4



百年公園の睡蓮 (4) 5



百年公園の睡蓮 (5) 6



百年公園の睡蓮 (6)
7



テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/22(水) 23:15:49|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

岐阜県百年公園の花菖蒲

紫陽花の少し前の時期に花菖蒲が咲きますけど、僕は花菖蒲を初めて撮りました。
今まで撮ったことはあったんですけど、ほとんどボツ・・。この花だけは相当に苦手意識がありました。(^^;
それでも苦手だから撮らないというのも嫌なのであまり気が進まないまま行ってきました。(笑)
岐阜県百年公園の花菖蒲です。関市にありました。


岐阜県百年公園の花菖蒲 (4) 1



岐阜県百年公園の花菖蒲 (6) 2


岐阜県百年公園の花菖蒲 (7) 3


岐阜県百年公園の花菖蒲 (8) 4
それにしても花菖蒲は地味な花ですよね・・。(笑)
地味な上に構図もとりづらく、やりにくくて仕方がない。


岐阜県百年公園の花菖蒲 (9) 5


岐阜県百年公園の花菖蒲 (10) 6


岐阜県百年公園の花菖蒲 (12)
7


岐阜県百年公園の花菖蒲 (2)
8


岐阜県百年公園の花菖蒲 (14) 9



岐阜県百年公園の花菖蒲 (3)
10


岐阜県百年公園の花菖蒲 (1) 11
ちょっと早かったかな。来週ぐらいが見頃でしょうか。



岐阜県百年公園の花菖蒲 (13)
12


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/12(日) 23:06:45|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:14

花フェスタ記念公園 2011   その2

広大な敷地に膨大な数のバラが咲き誇る花フェスタ記念公園ですけど、毎年ながらどこをどう撮っていいのか分からずに苦労してます・・。
あまり意識したことがなかったのですが、ここは緑が本当に豊かなところで鳥の鳴き声が絶えない気持ちの良いところです。そういう所へよく目が行くようになってきました。。
昔はどこへ行っても強欲に写真撮影でガツガツしながら目を血走らせて歩いてましたけど、最近はそういうことがなくなってきました。カメラ構えないで一時間以上歩いてるだけの時がありますけど、そういう時間が撮ってる時以上に心地よかったりして。そんなダラダラでいいと思ってます。。


花フェスタ記念公園2011 (1)
1



花フェスタ記念公園2011 (3) 2



花フェスタ記念公園2011 (2)
3



花フェスタ記念公園2011 (5) 4




花フェスタ記念公園2011 (4)
5



花フェスタ記念公園2011 (6) 6



花フェスタ記念公園2011 (7)
7



花フェスタ記念公園2011 (8) 8



花フェスタ記念公園2011 (9) 9



花フェスタ記念公園2011 (10) 10



花フェスタ記念公園2011 (11) 11



花フェスタ記念公園2011 (12) 12



花フェスタ記念公園2011 (13) 13



花フェスタ記念公園2011 (14) 14


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/09(木) 20:58:55|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:12

花フェスタ記念公園 2011

今年もバラの季節が終盤になってきましたが、花フェスタ記念公園に行ってきました。
チューリップが満開の頃に木曽三川公園で子供の追っかけをしましたが、バラの花には大人の女性がよく似合いそうということで、花フェスタは女性を追っかけしました。(笑) 一歩間違えばタイホかも。(^^;

女性&バラの花 (1)



女性&バラの花 (2)


女性&バラの花 (3)



女性&バラの花 (4)


女性&バラの花 (5)



女性&バラの花 (6)

冗談はさておき、あまりにヒンシュクをかいそうな記事なので少し言い訳を。。
僕は最近では撮影の際に必ず趣味の写真撮影用の名詞を携帯してます。そこに僕の連絡先とブログのURLが書いてあります。スナップ撮影ではできる限り顔が写りこまないように工夫をして撮ってますが、それでも綺麗な表情や素晴らしい笑顔が欲しい時などに顔が写ってしまった人に限っては撮影後に本人か保護者の方に挨拶をし、モニターで撮った写真を見てもらい、名詞を渡してきます。それでブログにアップした写真を確認してもらいます。僕自身が信用のできる人間ではなかったとしても、(笑)このブログだけは悪意のあるサイトではないことを確認してもらいたいので。今までそれで嫌がられた人は一人もいませんでした。むしろ、お礼のメールを頂くことのほうが多かったんです。
スナップ写真は撮るほうも撮られるほうも楽しくなくてはいけないと思うんです。そうでなければ肖像権に引っかかってくるので。頼み込んで撮らせてもらうのではなく、相手にも喜んでもらえるような写真でなければ意味がないと僕は必ず自分にいつも言い聞かせて撮影に臨んでます。写真に写ってくれたモデルの方に元画像を送ってあげて喜んでもらえるところまで責任を持ちたいんです。閲覧する人が僕の写真を見てどう反応するかまでは責任はとれませんが、せめて写った本人に対してだけはいい加減な対応は絶対にしたくはないと思っています。
スナップの人物撮影というジャンルが個人情報や肖像権の問題に潰されて消滅していってしまうようでは一カメラマンとして寂しいと思います・・。一般の人には、はたして僕のこの考え方がどこまで通用されるのか分かりませんが・・。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/05(日) 23:18:14|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

海が見える洋館 「海辺の文学記念館」

ツツジが綺麗だった時期に訪れた蒲郡で、もう一つ久しぶりに行きたかったところがありました。
5年ぶり行った海辺の文学記念館です。前回訪れた時はまだ一眼を始めて間もない頃で、カメラの設定をオートでしか撮れなかった時で。それでもここ海の景色がたまらなく好きで、また来てみたいとずっと思っていました。僕は自然風景が昔から好きでしたが、でも偏っていて、どちらかというと木々が生い茂るような森とか山が好きだったんですけど。海もいいなぁ、と思わせてくれたのがこの「海辺の文学記念館」でした。

海辺の文学記念館 (6) 1

明治チックな洋館と蒲郡の海の風景がマッチングします。。

海辺の文学記念館 (1) 2


海辺の文学記念館 (2) 3


海辺の文学記念館 (9) 4

館内です。入場料が無料。
お客さんもほとんど入ってこない穴場です。
西日が入り込む窓から眺めた海が綺麗だった。。

海辺の文学記念館 (5) 5


海辺の文学記念館 (7) 6

更に奥へ行くと和室があります。
まるでどこかの旅館の一室のよう。縁側に腰掛けて海景を独り占めできるのです。
正面に見える海に浮かんだ島が「竹島」です。


海辺の文学記念館 (8) 7

和室からの眺め。
庭園には潮風に強い黒松がたくさん植えてありました。
とんびがたくさん来てました。

海辺の文学記念館 (3) 8

洋館を出て竹島のほうへ出かけました。橋で繋がっています。
潮干狩りの親子連れがたくさん来てました。


IMG_2743のコピー 9

竹島から眺める蒲郡プリンスホテル

海辺の文学記念館 (4) 10


テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/02(木) 23:30:33|
  2. 建物
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:8

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク