SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

香積院 しだれ桜

名古屋市昭和区にある香積院(こうじゃくいん)で枝垂れ桜が見頃を迎えたと聞いて早速撮りに行ってきました。
「名古屋で一番早く咲く桜」と言われていることで有名で、例年だと3月の中旬に満開を迎えるそうですが、今年は長冬のせいで下旬まで遅れました。
桜とお寺の組み合わせはずいぶん撮ってきましたけど、ここの桜は京都の有名なお寺顔負けの貫禄がありました。

香積院の枝垂桜 (7) 1

見事な一本桜!
お寺の境内のキャンバスを余すところなく使って咲いてました。。
ほぼ満開でした。


香積院の枝垂桜 (8) 2


香積院の枝垂桜 (2) 3


香積院の枝垂桜 (3) 4
おじさん、kissデジタルを使ってました。
フィルムカメラを使う年配の方たちが一年ごとに減少していってますね・・。最近は本当に見かけなくなってきました。
僕が一眼始めたころは3?4割の方がまだフィルムだったから。
時代の流れといえばそれまでですけど、なんだか寂しい気もします。


香積院の枝垂桜 (4) 5


香積院の枝垂桜 (5) 6


香積院の枝垂桜 (6) 7


香積院の枝垂桜 (1) 8

テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2011/03/29(火) 20:35:37|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:0

河津桜&ヒヨドリ  その2

岡崎 乙川堤防のひよどり (12)
1


岡崎 乙川堤防のひよどり (8) 2


岡崎 乙川堤防のひよどり (7)
3


岡崎 乙川堤防のひよどり (6) 4


岡崎 乙川堤防のひよどり (3)
5


岡崎 乙川堤防のひよどり (2) 6


岡崎 乙川堤防のひよどり (1)
7


岡崎 乙川堤防のひよどり (15) 8


岡崎 乙川堤防のひよどり (10)
9


おびただしい数の方たちが亡くなりましたが、その一方で生き延びた人たちの今後の人生は確かに厳しいと思います・・。
そちらの方に関心がシフトしていきます。
僕は気休めでそういう人たちに声をかけることなんてできない。でも、勇気を出して生きていって欲しいと心から思います。
今回の被災者の方たちとは程度が違いますけど、かつて自分も被災者だった時にたくさんの人たちに全国からエールを送っていただきましたけど、今度は自分も送りたい。誰か一人でも東北の方の目に留まってくれたらこの気持ちを伝えたい。
昨日より今日。そして今日より明日へと諦めずに橋を渡していって欲しいです。そう願っています。






テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/27(日) 10:06:29|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  4. | コメント:0

岡崎市 乙川堤防の河津桜

岡崎の乙川堤防には85本の河津桜の並木があります。去年行った河津桜の本場の伊豆の河津町を彷彿させました。
真っ白なソメイヨシノも良いですが、河津桜のピンク色の花も春色で素晴らしいです。。
乙川堤防は他にも彼岸花や藤など、季節の花を楽しませてくれるスポットのようです。

岡崎 乙川堤防の河津桜 (3) 1

岡崎 乙川堤防の河津桜 (4) 2
これだけの河津桜の並木は河津町まで行かないと見られないと思ってましたけど。岡崎市、やりますね。

岡崎 乙川堤防の河津桜 (6) 3
若い河津桜の木々。これからもっと大きくなると、びっしりと花で覆い尽くす景観になるのでしょう。

岡崎 乙川堤防の河津桜 (2) 4

岡崎 乙川堤防の河津桜 (5) 5

岡崎 乙川堤防の河津桜 (7)
6
風が強くて、接写がほとんど全滅・・。

岡崎 乙川堤防の河津桜 (1) 7
ほぼピークの河津桜。今週はもう散り始めている頃でしょうか。。

岡崎 乙川堤防のひよどり (4) 8
鳥撮に比べると人撮の方がよっぽど楽ですね。ヒヨドリを撮った後は人の動きがスローに見えてきました。


岡崎 乙川堤防のひよどり (5)
9

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/26(土) 11:23:16|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

河津桜&ヒヨドリ

まだまだ寒いですけど、いよいよ春も到来ですね!一足先に開花する河津桜が満開です。。
寒い東北地方に春を贈りたい。

岡崎の乙川堤防へ行ってきました。
ヒヨドリが来てました。NHKの「ダーウィンが来た!」で見ましたけど、ヒヨドリは北海道から津軽海峡を渡ってはるばる本州まで来るんですね。津軽海峡越えがものすごく困難な旅で、多くの仲間たちが命を落とします。何気なく見ていたヒヨドリもそうやって見ると感慨深くなりました。


岡崎 乙川堤防のひよどり (11)
1

岡崎 乙川堤防のひよどり (13) 2



岡崎 乙川堤防のひよどり (14) 3



hiyodori.jpg 4



hiyodori2.jpg 5



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/20(日) 11:34:47|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  4. | コメント:4

瀧樹神社  --祈りの意味--

あらゆるジャンルのブロガーたちが自身のブログで今回の地震について触れています。
僕たちにできることなんて、たかが知れているかもしれない・・。それでも何か助けられることをしたいと願うもどかしさ。みんな同じですね。
ブログ記事の中で興味をそそられたのが、「祈り」というものでした。
現代の日本はまれに見る無宗教国家で、むしろ祈りなんていう言葉を出すと怪しいとさえ感じてしまうような風潮があります。無宗教であることが良いのか悪いのかという問題は別として、祈る人たちに対してそれが単なる無力感からくる現実逃避なのか?それともそこにはもっとポジティブな意味を持っているのか?果たして祈りとは何なのか?
今回の地震に対して祈ることの意味が問われて賛否両論となり、議論が白熱し、あるブログは炎上していました・・。

非難されることを覚悟で言うならば、僕は「祈り」に対してポジティブ派です。
祈りが単なる願い事を叶えるためのものからもっと広範な意味へと広がったとき、それが人間の本質へと向かっていく、何か大切な全く別の概念を持ち始めると思うからです。うまく言葉にはできないけど。
僕は自分が未熟だからこそ祈りたいです。僕は自分ができていない人間だからこそ祈りがあると思うのです。
自分も震災に遭った人も同じ・・。自分も震災で亡くなった人も同じ・・。自分も、もしかしたら震災で死んでいたかもしれない一人・・。生き残った人も亡くなった人もみんな同じ・・。


母が亡くなった日、その亡くなった時間に合わせて祈りを捧げてくれた神主さんとその奥様がいました。友達が知り合いの神主さんにお願いしてくれたのです。顔も知らない見ず知らずの僕の母に精魂を込めてお祈りをして頂きました。僕が頼んだわけではなかったのです。そのことに僕は心を打たれ、今月にお礼参りに行ってきました。その神主さんがいる神社を「瀧樹神社」といいます。滋賀県の甲賀市にありました。

瀧樹神社 (3) 1

瀧樹神社 (4) 2
まるで、一歩一歩歩くごとに心を沈め、清めていくための参拝道のよう。
神主さんたちにお会いするための準備を与えられました。

瀧樹神社 (6) 3
静寂で神聖。。
神道のことは全然分かりませんが、とにかくこういう場が好きです。

瀧樹神社 (5) 4

瀧樹神社 (7) 5
神主さんと奥様はとても素晴らしい方たちでした。
このご恩は決して忘れません。自分も誰かのために祈ることの尊さを学びました。

瀧樹神社 (8) 6

瀧樹神社 (1) 7

瀧樹神社 (2)
8

神主さんたちは亡くなった方の御霊を見ることができるのだそうです。
僕の母を知るはずのない奥様が生前の母のことを話しました。驚きました。
そういう人も世の中にはいるんだな。母をこんな心強い方たちにお祈りして頂いて安心しました。



テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/18(金) 21:37:00|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:4

樽見鉄道の3月

樽見鉄道と梅、菜の花 (1) 
樽見鉄道と季節の花。
梅の花と菜の花でした。

樽見鉄道と梅、菜の花 (2) 

震災の実態がどんどん明らかになってきました・・。死者は阪神大震災の倍くらいになりそうです。
今はただ見守るしかない。


僕は阪神大震災の被災者です。駆け出しのパティシィエ見習いの一年目に西宮で震災に遭いました。
間一髪で生き延びました・・。
今の報道はあの頃の神戸と同じ。
遠い記憶になりつつあった震災での出来事が再びフラッシュバックしてくる・・。
震災というのは、生き延びた人と亡くなってしまった人の運命の差はほんのわずかで、被災者の誰もがギリギリのラインで「生」か「死」のどちらかに分けられる。生き延びてしまった人というのは皆、僕のような体験を持った人ばかりだった。

東日本大震災で亡くなられた方たちのご冥福をお祈りいたします。







テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/15(火) 19:33:58|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

新幹線と菜の花

揖斐川の堤防沿いを走っていて見つけた菜の花。
新幹線の橋がかかっている付近だったので面白そうだなと思い、車を停めて堤防を降りました。
春から初夏にかけて、木曽川、長良川、揖斐川の川原はのどかで気持ちの良い風景になるので、堤防を走るのが好きです。。

ところで、宮城県の地震が凄かったですね・・。愛知でも結構揺れましたけど。
愛知から仙台まで直線距離でだいたい600キロぐらいあると思うんですが。
被害に遭われた地域の方には心よりお見舞い申しあげますと共に、一日も早い復旧をお祈り致します。

揖斐川と新幹線、菜の花 (2)



揖斐川と新幹線、菜の花 (1)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/11(金) 22:06:34|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:6

ブーゲンビリア

ブーゲンビリア (4) 1
ブーゲンビリアという名前。誰もが思わず足を止めて見てしまう花でした。僕は初めて見ました。
どこかで名前だけは聞いたことがあったような気がするけど。

ブーゲンビリア (5)
2

wikiってみたら、この花はピンク色や赤い色をした花のように見えますが、実はこれは花びらではなくて葉っぱだったのです。花は中央にあるシベのように見える白いところにささやかに咲いてるだけだったのです。
こんなカラフルな葉っぱで花を包み込むようにしているなんて洒落てますね。

ブーゲンビリア (3) 3

ブーゲンビリア (1) 
4


IMG_9854のコピー2

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/05(土) 21:14:15|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:6

旧車&スーパーカーショー in ポートメッセなごや

去年の9月にポートメッセなごやで開催された旧車&スーパーカーショーに行きました。久しぶりにこういうジャンルを撮ったので新鮮でした。。


スーパーカーショー (1) 1
数々の旧車やスーパーカーが並ぶ中、思わずランボルギーニに目が釘付けになってしまいました。
格が違う。めちゃくちゃカッコいいですね。。ホレボレしました。

スーパーカーショー (2) 2


スーパーカーショー (3) 3
それほどの暗所ではありませんでしたけど、あえて高感度で撮ってノイズを意図的にのせました。旧車が並ぶと聞いていたので、ノイズを入れると味が出るかな、と思って。もうちょっと強く入れたほうが良かったかな。

スーパーカーショー (7) 4

スーパーカーショー (8) 5
ランボルギーニを見てしまうと、フェラーリが地味に見えてきます。派手なモデルがなかったですね。

スーパーカーショー (4) 6

スーパーカーショー (5) 7

IMG_6401のコピー 
8

IMG_6358のコピー 9

IMG_6296のコピー 10

コンパニオンガール (2) 11
カーショーといえば、これでしょう?(笑)

コンパニオンガール (1) 
12

コンパニオンガール (10) 
13
バックにカメラ小僧たちが群がってますが、自分も同じエロ集団の一員だと思われたくなかったので一人で遠方から撮ってました。(お前が一番エロい撮り方してるだろが!)

コンパニオンガール (8) 14

コンパニオンガール (9) 
15

コンパニオンガール (7)
16

コンパニオンガール (11) 17
だから、お尻はもういいって。(笑)

コンパニオンガール (5)
18

コンパニオンガール (3) 19

コンパニオンガール (4) 
20
薬師寺さんが来てました。そういえば車マニアでしたね。




テーマ:デジタル一眼レフ - ジャンル:写真

  1. 2011/03/03(木) 23:56:10|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  4. | コメント:2

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

Instagram投稿写真

リンク