SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

富士五湖旅行

先週末は、毎年恒例のメンバーで旅行に行ってきました。今年の行き先は富士五湖でした。東名高速を使って、静岡側から入り、山梨の方へ抜けて周りました。
富士山の撮影は今年の正月休みに一人で遠征して以来の二度目となりました。
しかし!今回の富士山は天候に恵まれず、肝心の富士山の風景がほとんど撮れませんでした。何とか雨だけはギリギリ免れました。
旅行中はあまりカメラも手にせずに樹海歩きや滝の見学で普通に皆と一緒に旅行を楽しみました。
そういえば去年もそうでしたけど、このメンバーで行くとカラッと晴れることがない・・。今年で3回目の旅行で全部そう。(笑)誰が悪天候を連れてきてるんだ?
でも最近は天気によって、以前よりは一喜一憂することがなくなってきました。これだけ毎週のように写真撮影を楽しませてもらってるんだから、たまにはそういう時もありますよね。。。

去年もそうでしたけど、今年になってますます強く感じるようになったこと。それは、僕は人と一緒に遊んだり、喋ったりしながらだと撮れないということです・・。本当に全くダメですね。構図もアングルも思い浮かばないし、タイミングもつかめないし、撮りやすそうな所でも撮影ポイントが全然見つかりませんでした。そういう傾向が以前よりもますますひどくなりました。旅行を普通に楽しむことと、写真を撮ることを楽しむことで気持ちのモードを切り替えていかなくちゃ。(笑)
他の人はどうなのかなぁ。

富士五湖撮影1山中湖付近EF24-105mm 1 山中湖周辺

曇り天気の中、山中湖のすぐ近くで撮りました。富士山を軸に旅行していたんですけど、静岡県側はまだ全然紅葉は始まっていませんでしたけど、山梨県側はだいぶ紅葉してきていました。

富士五湖撮影2本栖湖EF-S10-22mm 2 本栖湖

本栖湖から撮りました。実はこのポイントは1000円札に描かれている風景のモデルになっているそうです。現地で初めて知りました。・・というより、僕は1000円札に富士山の絵が描かれていることに初めて気が付きました。(笑)

富士五湖撮影3EF-S10-22mm 3 浅間神社の池

湧き水なのか、富士山の雪解け水なのか分からないけど、すごく綺麗に澄んだ水でした。。。

富士五湖撮影4EF70-200mm 4 浅間神社の池

富士五湖撮影5EF24-105mm 5 白糸の滝

白糸の滝です。本当は田貫湖へ行く予定でしたが、曇り天気で富士山が見えないくらいだったので急遽予定変更。ここはよく晴れていると虹が綺麗にかかって絵に描いたような風景になります。→今年の正月に撮った白糸の滝

富士五湖撮影6F70-200mm 6 白糸の滝

富士五湖撮影7EF70-200mm 7 白糸の滝

富士五湖撮影8EF24-105mm 8 青木ヶ原樹海

自殺の名所にもなっている富士の樹海。「コウモリ穴」という洞窟を探検しに行く時に富士の樹海に初めて入りました。変な先入観があるからか、やっぱり不気味ですねぇ・・。
※左上方に人間の横顔が写っていますが、心霊写真ではありません。 

富士五湖撮影9EF24-105mm 9 青木ヶ原樹海

ここは花崗岩でできていて、土がほとんどないような岩だらけのところです。実は草木がジャングルのように生い茂るにはとても痩せた土地だったのです。岩の上を木の根がはる光景が凄かったです。

富士五湖撮影10EF-S10-22mm 10 忍野八海付近

忍野八海という観光名所へ向かう時に見つけたツツジ?の紅葉。
バックのかやぶきの建物はトイレです。(笑)

富士五湖撮影11EF-S10-22mm 11 忍野八海

富士五湖撮影12EF24-105mm 12 忍野八海

使用レンズ
2、3、10、11  EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
1、5、8、9、12 EF24-105mm F4L IS USM
      残り EF70-200mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓
スポンサーサイト

テーマ:山岳風景 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/29(水) 20:30:48|
  2. | トラックバック:0
  3. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

岐阜県 関市刃物祭り

岐阜県関市は刃物の伝統的な生産地です。関市産の刃物は世界的なブランドでもあります。この関市で毎年開催される「刃物祭り」というイベントに行ってきました。
伝統的とは聞いていたけど、その起源が鎌倉時代まで遡り、主に日本刀などの武器から始まっているというのを初めて知りました。関市は昔から名刀の産地で栄えたのでした。
伝統技術とは言っても、現在でも日本刀の鋼鉄技術というのは世界でも真似の出来ない程の強靭さと美しさを持っていると聞きます。
実際に日本刀をよく見てみると、数百年前まで当たり前のように日本人はあんな鋭い刃物で切りつけて殺し合っていたのかと思うと、本当に大変な時代だったんだと思います・・。

↓この日、実は僕はこんなものをつけて撮影を!ちょっと詳しくは言えないんですけど・・。緊張しました?
報道関係者



関市刃物祭り1EF70-200mm 1
居合道という真剣の流派が演舞をしていました。

関市刃物祭り2EF70-200mm 2
この人が一番強そうでした!

関市刃物祭り3EF70-200mm 3
??速い!望遠で撮ってるので、動くと分かっていてもスピードについて行けません。

関市刃物祭り4EF70-200mm 4
この方、80歳を超えられた現役の剣士です。さすが年季が入っていました。。

関市刃物祭り5EF70-200mm 5
女性も負けていません。

関市刃物祭り6EF70-200mm 6
くの一参上!

関市刃物祭り7EF24-105mm 7
「火の粉が飛びます!大変危険なので報道関係者以外は近づかないで下さい」というアナウンスが・・。
しかし、火の粉なら僕は手筒花火の撮影でシャワーのように浴びた経験があります。怖くはないです。近づける特権があるなら迷わず行きますよ?。

関市刃物祭り8EF24-105mm 8
刀の鍛冶屋というのは当時はもしかして神事として行われていたんでしょうか?この身なりを見るとそう思いますけど?いかにも日本人らしい光景ですね。。。

関市刃物祭り9EF24-105mm9

刃物祭りの観客 10
これ!どれだけ緊張しながら撮っていたか雰囲気分かるでしょ?。ここで撮る以上、素人丸出しのみっともない撮り方なんてできないんです・・。

使用レンズ 
1?6 EF70-200mm F4L IS USM
7?9 EF24-105mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓
  1. 2008/10/23(木) 21:49:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

曽爾高原のすすき (夕景)

曽爾高原を一通り撮ってから夕景までの時間を散歩して過ごそうと、高原を一周するルートをテクテクと歩きました。
・・と、これがナメてかかれないような勾配になっており、息もゼーゼー。昼食が遅かったのと、食べて時間がたっていないうちに急激な運動をしたせいか、頂上辺りでお腹を壊してしまい、冷や汗をかきながら下りを急いで降りてトイレへ直行!(笑)
ぐったりしてしばらく駐車場の車で休憩していたら、良い感じに夕暮れになってきて再び撮影に向かいました。この日の楽しみにしていた夕景のすすきに挑戦。
この頃から急に冷え込んできました。標高はそんなに高くないはずなんですけど、あの時間は冬を感じる寒さ!こういう所は一日の気温の寒暖差が激しいですね。上着を持っていかなかったのは誤算・・。
色々と、この日は過酷な撮影でした。

曽爾高原の夕景1EF24-105mm 1
いつの間にか、かなりの数の人が集まっていて、撮影ポイントに行くのに苦労しました。昼と夕暮れの時間でお客さんの数は極端に違います。

曽爾高原の夕景2EF24-105mm 2
逆光で撮るとカメラの性質上、周りの露出を下げますよね。それが僕は夕景写真には面白い効果だと思うんですけど。

曽爾高原の夕景3EF24-105mm 3

曽爾高原の夕景4EF24-105mm 4

曽爾高原の夕景5EF24-105mm 5

曽爾高原の夕景6EF24-105mm 6

曽爾高原の夕景7EF70-200mm 7

曽爾高原の夕景8EF50mm 8

曽爾高原の夕景9EF70-200mm 9

曽爾高原の夕景10EF24-105mm 10

曽爾高原の夕景11EF50mm 11
ところで夕景や日の出の撮影で怖いことを聞いたのですが、特に望遠レンズで撮っている時に、太陽光がレンズの虫眼鏡効果によって、ファインダーを覗いている眼球を焼いてしまうかもしれない、ということです。
実際にそんな被害にあった人がいるのか知らないですけど、一眼レフを使う人は一応気をつけましょう?。ファンダーを使わずにライブビューで撮影するという手もありますね。僕のカメラはできないけど。

1?6、10 EF24-105mm F4L IS USM
   7、9 EF70-200mm F4L IS USM
  8、11 EF50mm F1.8 II 


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:朝日・夕日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/19(日) 19:49:22|
  2. 朝焼け、夕焼け
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

曽爾高原のススキ ?

奈良県曽爾村にある曽爾高原。秋になると一面がススキで一杯になるということで、去年から友人に勧められていました。今年こそと思い、ようやく行ってきました。
やっぱり奈良方面は名阪国道が使えるので高速代が安く、思い立ったらすぐに行きたくなります。

曽爾高原のススキ1EF-S10-22mm 1

曽爾高原のススキ2EF-S10-22mm 2

曽爾高原のススキ7EF-S10-22mm 3
秋の風が清々しくて、気持ちの良いところでした。。。
木が全然ない草原というのも広々として居心地がいいもんですね。

曽爾高原のススキ3EF70-200mm 4
現地で知り合った地元のカメラマンから色々曽爾高原のことを教えてもらいましたけど、時期的にはあと二週間ぐらいでピークといったところでしょうか。やはりススキはピークの頃が一番綺麗なんですね。ここのススキは密集度が凄いので、ピーク時には地肌や草も隠れてしまって、真っ白になるそうです。

曽爾高原のススキ4EF24-105mm 5

曽爾高原のススキ5EF24-105mm 6

曽爾高原のススキ6EF24-105mm 7

使用レンズ 1?3 EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
          4 EF70-200mm F4L IS USM
        5?7 EF24-105mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

  1. 2008/10/16(木) 00:26:36|
  2. その他の自然、風景
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

東員町&138タワーパークのコスモス

コスモスの花を撮り歩いた昨日、三重県の東員町と岐阜の138フラワーパークへ行きました。
花の撮影に少々風が強いのは、もう慣れっこですが、この日は今までに遭遇したことのないほどの豪風でした。悪戦苦闘しながら撮ってる人たちが滑稽なので笑えてきました。
しかも、コスモスほど風が天敵になる花もないですよね。構図もへったくれもなかったです。

IMG_9920.jpg 1
今年は幾度も訪れた138タワーパーク。ここのシンボルタワーがカッコいい。

IMG_9947.jpg 2
強風上等!ならば風を撮ってやろうじゃないの。
風の雰囲気出てます?(爆)

東員町のコスモス3 3
続いて三重県の東員町というローカルな所へ。風も徐々に落ち着いてきました。
山が見える所だったので夕景とのコラボを試みたのですが。。。
この時間帯の撮影はいつもそうですけど、忙しい!ベストなタイミングはほんの数分しかありません。

東員町のコスモス1 4

東員町のコスモス2 5

使用レンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/12(日) 20:06:40|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

2008年 木曽三川公園のコスモス 

コスモスの時期ですね。秋へ移る前の最後の花、というようなイメージで涼しげな感じですけど、まだまだ撮っていて汗ばむぐらいです。
木曽三川公園もコスモスのイベントが始まりました。早速行ってきました。午後遅く行ったので慌ててぐるりと回って一通り撮りました。もう少し粘りたかったなぁ。
去年よりもかなり面積が狭くなりました。ちょっと寂しい。
コスモスは優しい花ですね。。。情熱的で力強い感じの彼岸花とは正反対の持ち味だと思いました。
木曽三川公園は、このコスモスが終わるといよいよイルミネーションの準備が始まります。

話は全然変りますけど、タバコ税を上げて1箱1000円にしようという案が出ているらしいですね。僕はタバコは吸わないんですけど、これ、吸ってる人には恐ろしいことですよね。環境や周りに負担をかけているという立場から喫煙者は反論できないので、これが徹底的に搾り取られる口実なのでしょうか・・。

2008木曽三川公園のコスモス1EF-S10-22mm 1
お約束の木曽三川公園のシンボルタワーを入れて。

2008木曽三川公園のコスモス2EF70-200mm 2
これもお約束の噴水。
左下にキバナコスモスがまだ健在です。

2008木曽三川公園のコスモス3EF24-105mm 3

2008木曽三川公園のコスモス4EF70-200mm 4

2008木曽三川公園のコスモス5EF70-200mm 5

2008木曽三川公園のコスモス6EF70-200mm 6

使用レンズ 1 EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
        3 EF24-105mm F4L IS USM
      残り EF70-200mm F4L IS USM
 

掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/08(水) 22:19:04|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

本巣市役所の隣の彼岸花

津屋川の彼岸花を撮りに行った日はそのまま岐阜で彼岸花を撮り続けました。
近くで彼岸花が咲いてる所を検索しながらネットサーフィンしていて見つけた写真に惹かれて向かった先は岐阜県本巣市役所の隣にある小さな公園でした。非常にローカルな情報だったので、地元の人にしか分からないような場所の説明だったので、現地付近で迷いました。人に聞きながらようやく辿り着いたその場所は、、、
イメージ通りの素晴らしいロケーションでした!
今年は彼岸花の撮影を通してマクロレンズを一度も使いませんでした。ボケのよく似合う花なんでしょうけど。

本巣市役所の彼岸花1 1
小さな林の中に咲く彼岸花の真ん中を石畳の小道が続くその風景に一瞬で惹かれました。。
絶対に行ってみようと。
津屋川よりも花の状態が良かったです。木陰なので成長が若干遅れていたのが幸いしたのでしょうか。

本巣市役所の彼岸花2 2

本巣市役所の彼岸花3 3
花で埋め尽くされたベンチ。豪快ですね。

本巣市役所の彼岸花4 4

本巣市役所の彼岸花5 5

本巣市役所の彼岸花6 6

本巣市役所の彼岸花7 7

本巣市役所の彼岸花8 8
ここを歩いていると異様な雰囲気になります。ちょうど完璧な満開を迎えた真っ赤な花に埋め尽くされても、誰もいない道・・。
カメラマンもいなければ観賞する人も、近所でお子さんを連れたお母さん以外は見かけませんでした。
津屋川ですごい数の人に遭遇した後だったから余計に極端に感じました。

本巣市役所の彼岸花9 9

本巣市役所の彼岸花10 10

本巣市役所の彼岸花11 11

本巣市役所の彼岸花12 12

使用レンズ EF24-105mm F4L IS USM

掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/04(土) 19:56:19|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。