SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

津屋川堤防の彼岸花  2008年

今年も彼岸花を撮りに津屋川堤防沿いへ行きました。微妙にピークを過ぎていて、色あせ始めていました。先週末で彼岸花も終わりといったところでしょうか。。。
去年は夏が長かったために彼岸花の成長が良くなくてあまり群生していませんでしたけど、今年は凄かったです?。真っ赤の彼岸花が堤防の一面に咲いていました。それぞれの季節の中で旬なものを追いかけるのはカメラマンにとって最高に楽しいものです。。。
彼岸花は年配のカメラマンに人気ですね。それも大抵がフイルム一眼を使われる長年の愛好者らしき方達でした。フィルムで撮られる方達は非常に丁寧な撮り方をされます。とりあえず撮って、要らないものを消すなんていう不届きなデジタル族とは違う。(笑)
それから、年配のカメラマンの方達から学ぶことは多いです。特に写真に対する楽しみ方ですね。カメラがデジタル化して便利になった分、失ってしまったことも確実にあるんですよね・・。

2008津屋川1EF24-105mm 1
堤防一面が真っ赤!

2008津屋川2EF24-105mm 2


2008津屋川3EF70-200mm 3

2008津屋川4EF70-200mm 4

2008津屋川5EF24-105mm 5

2008津屋川6EF70-200mm 6

2008津屋川7EF70-200mm 7

2008津屋川8EF24-105mm 8

2008津屋川9EF70-200mm 9

2008津屋川10EF24-105mm 10

2008津屋川11EF24-105mm 11

2008津屋川12EF24-105mm 12

2008津屋川13EF24-105mm 13

2008津屋川14EF24-105mm 14

2008津屋川15EF70-200mm 15

使用レンズ 1、2、5、8、10?14 EF24-105mm F4L IS USM
                 残り EF70-200mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/29(月) 21:14:55|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

ネコノヒゲ(猫の髭)

ホームセンターの園芸売り場で花を撮ってきました。我ながらデジタル一眼を持って店に入っていきながら、一体どこで撮ってんだ?と思わなくもなかったですが・・。
あのような時は挙動不審になると余計に怪しいので、堂々と夢中で撮るのが良いと思いました。店員さんも勝手にどうぞ、という感じでしたけど。とうとうここまでやるようになりました。
ヤバイな?。羞恥心がなくなってきたかも。

ネコノヒゲ(猫の髭)という花をとうとう見つけました!去年からネットで調べまくっても近場でどうしても見つけることが出来なかった幻の花でした。こんな所でようやく。
予想していたよりも小さい花だったかな。写真では皆マクロレンズなどを使ってるので大きく写っているものが多かったですから。

ねこのひげ1 1
この花を猫のヒゲに例えて名づけた人は面白い人ですね。
風が強くてかなりシャッタースピードを上げましたけど、やっぱりブレたものが多かったです。

ねこのひげ2 2

ねこのひげ3 3
左が女。右が男。

ねこのひげ4 4

ねこのひげ5 5

ねこのひげ6 6

使用レンズ EF70-200mm F4L IS USM

掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/25(木) 22:05:15|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

萩寺 円光寺

植木が名産の愛知県稲沢市にある矢合町という所は、古くから特に萩が有名で、萩寺の「円光寺」ではこの時期に萩の花が綺麗に咲きます。このお寺の萩は室町時代から代々育てられてきたらしいです。
萩の花もやっぱりいろんな種類があって、ここには20種類あるとか。勉強になりますねぇ。写真を一度撮影した花は決して忘れることはないですからね。地元ではありますがこのお寺は初めて訪れました。
お寺での撮影はしっとりとするから大好きです。風景画、スナップ、望遠やマクロと幅広い撮り方でよく似合います。
自分の写真の出来とかは別として、なかなか自分自身の作意が写真に満足できるぐらいに伝わることって少ないですから・・。これは得手不得手というよりも対象が特に好きなものか、そうでもないものか、という問題なんだと思いました。
考えてみれば、他の人が楽しめるような所でも、自分が見て楽しいと思えないものを無理矢理に見せてみようとしたところで、何か面白くないものばかりが撮れます。つくづくそう思います。
プロカメラマンが写真が上手いのは、見せるための技術があるのは確かにそうかもしれないですけど、それよりも多分決定的なものは、感じるままに忠実な撮り方をする技術に長けているからではないのかな。そのためにキャッチできる情報の量がすごく多いんだと思います。

円光寺の萩1EF-S10-22mm 1

円光寺の萩2EF24-105mm 2

円光寺の萩3EF24-105mm 3

円光寺の萩4EF70-200mm 4

円光寺の萩5EF70-200mm 5

円光寺の萩6EF70-200mm 6

円光寺の萩7EF-S10-22mm 7

円光寺の萩8EF70-200mm 8

円光寺の萩9EF70-200mm 9

円光寺の萩10EF70-200mm 10

円光寺の萩11EF70-200mm 11
モミジが紅葉を始めてました!早いな!

使用レンズ 1、7 EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
        2、3 EF24-105mm F4L IS USM
        残り EF70-200mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/21(日) 21:52:03|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

木曽三川公園の夜バージョン in 夕涼み夏物語

キバナコスモスで賑わった木曽三川公園ですけど、その前の先月のお盆明けに夜のイベントがありました。冬のイルミネーションよりは小さなイベントでしたけど、この時期のライトアップとして上手いアイデアが出されていて面白かったです。
この公園は、あの手この手を使って人を呼びこむんですねぇ。。国営の公園だから別に採算を取るのが目的ではないんですよね。今回の「夕涼み夏物語」というイベントは節約でお金はそれほどかかっていないものだったとはいえ、このご時世でも強気に次々とイベントを開催してくるので大変頼もしいです。もうすぐピンクのコスモスが盛大に咲き誇ります。。。
花の木曽三川公園から一変して夜の風景へ!

2008年夕涼み夏物語1EF24-105mm 1

2008年夕涼み夏物語2EF24-105mm 2
ここのマスコットで、「ままず」というみたいです。なまずですね。なんでナマズなのか分かりませんけど。

2008年夕涼み夏物語3EF24-105mm 3

2008年夕涼み夏物語4EF24-105mm 4
愛知県で開催された万博の「愛知地球博」で注目された水のミストによるエコクーラー。最近色んな所で見かけるようになりましたよね。昔からあったんだろうか?

2008年夕涼み夏物語5EF24-105mm 5

2008年夕涼み夏物語6EF-S10-22mm 6
キバナコスモスの背景に入れて撮っていた噴水。

2008年夕涼み夏物語7 EF-S10-22mm 7

2008年夕涼み夏物語8EF24-105mm 8

2008年夕涼み夏物語9EF-S10-22mm 9
う?ん、EF-S10-22mmはズームの焦点距離によって描写が極端に変ります・・。壊れてないだろうな。

2008年夕涼み夏物語10EF24-105mm 10
木の上から水のミスト。

2008年夕涼み夏物語11EF-S10-22mm 11

使用レンズ 6、7、9、10 11 EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
               残り EF24-105mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:夜景、イルミネーション - ジャンル:日記

  1. 2008/09/17(水) 21:21:56|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

木曽三川公園のキバナコスモス?

ふ?今日はがんばって休日出勤しました。もうすぐ新しいカメラを買うのでピッチを上げて資金作りをしなければ・・。キャノンの巧みな販売戦略に洗脳されて、価格次第では新しく発表されるワンランク上のモデルも視野に入れているので気合が入ってるのです。。なるべく貯金は使いたくはないし。。

写真は木曽三川公園のキバナコスモスの全容です。背の高さが見事に整えられていて、花の密集度が高かったです。
そういえば、この公園でこれから咲くピンクのコスモスはもっと雑然に咲いていたように思います。
黄色とオレンジ色の花がくっきりと分かれていました。

木曽三川公園のキバナコスモス2008年1 1
背の高さが揃っていて花が密集しているので広角で撮るのが楽しかったです。

木曽三川公園のキバナコスモス2008年2 2

木曽三川公園のキバナコスモス2008年3 3

木曽三川公園のキバナコスモス2008年4 4

木曽三川公園のキバナコスモス2008年5 5

木曽三川公園のキバナコスモス2008年6 6

木曽三川公園のキバナコスモス2008年7 7

木曽三川公園のキバナコスモス2008年8EF70-200mm 8

木曽三川公園のキバナコスモス2008年9EF70-200mm 9

木曽三川公園のキバナコスモス2008年10EF70-200mm 10

木曽三川公園のキバナコスモス2008年11EF70-200mm 11

木曽三川公園のキバナコスモス2008年12EF70-200mm 12

木曽三川公園のキバナコスモス2008年13 70mm 13

木曽三川公園のキバナコスモス2008年14EF70-200mm 14

木曽三川公園のキバナコスモス2008年15EF70-200mm 15

木曽三川公園のキバナコスモス2008年16EF70 16

木曽三川公園のキバナコスモス2008年17EF70F70-200mm

使用レンズ 1?7  EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
        13、16 SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
         残り EF70-200mm F4L IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/13(土) 23:25:32|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

花から花へ? in 木曽三川公園のキバナコスモス

先週の週末に一足先に咲くコスモスのキバナコスモスを撮りに行きました。場所は木曽三川公園。この公園は年中通して季節ごとに見せ場を作ってくれます。。
木曽三川公園は去年はピンクのコスモスを撮りに行った時にすでに終わりかけたキバナコスモスが少しだけ咲いていました。
ピーク時のここのキバナコスモスはコスモス畑としては花の密集度がすごかったです。また、この花の色は黄色とオレンジ色の二種類がありますけど、ここのオレンジ色の方はどちらかというと赤色に近いような濃い色をしていました。このコスモスもいろんな種類がありそうですね。
アゲハチョウを追いかけました。

キバナコスモスのアゲハ1 1

キバナコスモスのアゲハ2 2

キバナコスモスのアゲハ3 3

キバナコスモスのアゲハ4 4

キバナコスモスのアゲハ5 5

キバナコスモスのアゲハ6 6

キバナコスモスのアゲハ7 7

キバナコスモスのアゲハ88

キバナコスモスのアゲハ9 9

キバナコスモスのアゲハ10 10

キバナコスモスのアゲハ11 11

キバナコスモスのアゲハ12 12

使用レンズ EF70-200mm F4L IS USM

掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/09(火) 21:23:46|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

2008年 蓮の花 in 愛西市&羽島市

夏も終わろうとしていますけど、今年撮って埋もれていた蓮の花がありました。愛西市にある蓮畑が近くなので、休日にどこかへ撮りに行くついでに道草をしながら、気に入った場面だけを少しずつ撮っていました。
いつ行ってもカメラマンの方が多いんじゃないのかな、と思うくらい。東京から撮りに来ている人もいて驚きました。

2008年のハス1EF24-105mm 1 船頭平河川公園

2008年のハス2EF70-200mm 2 赤蓮保存田

2008年のハス3EF70-200mm 3 森川花はす田

一口かじってます。(^^;
森川花はす田 の横にある道の駅「立田ふれあいの里」で昼食をとりました。炊き込みご飯と、名前を忘れたんですけどレンコンにエビを挟んで揚げたもの。これが美味しかったのです!年中通して食べられるのかな。

2008年のハス4EF70-200mm 4 森川花はす田

2008年のハス5EF70-200mm 5 森川花はす田

2008年のハス6EF70-200mm 6 森川花はす田

2008年のハス770-300mm 7 森川花はす田

仲良し。

2008年のハス8EF70-200mm 8 羽島市大賀ハス園

2000年前の種子から育てられたといわれる大賀ハス。
他の蓮よりも生育がデリケートのような気がします。ちょっと気候がおかしかったり自然災害があると、すぐに駄目になってしまいます。羽島の大賀ハス園は去年も今年も蓮の花の開花が本当に少なかったです。

2008年のハス9EF70-200mm 9 羽島市大賀ハス園

2008年のハス10EF70-200mm 10 羽島市大賀ハス園

撮影会のモデルさん。

使用レンズ 1 EF24-105mm F4L IS USM
        7 EF70-300mm F4.5-5.6 IS USM
      残り EF70-200mm F4L IS USM


 
掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/05(金) 22:47:15|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

手力の火祭・夏 & 地元の手筒花火

お盆休みに長良川河畔で行われる「手力の火祭・夏」という花火を撮りに行きました。後から知ったのですが、春にも同じようなイベントがあるから「夏」という名がついてるみたいです。
この花火、マジで過激です・・。本当に洒落になりません。いつ怪我人が出てもおかしくないような花火祭りでした。

手力の火祭2EF70-300mm 1
結構見物客が多く、また最前列はカメラマンが三脚を立てて場所を確保していたので、余計に後ろからは撮りにくく、どうやって撮っても人の頭が入り込んでしまって、今日は全滅だなぁ、と諦めていたら、見物客のエリアの2メートルぐらいまで御輿が近づいてきて、みんな火の粉を浴びて、一時騒然となりました。アナウンスからは余裕の口調で「火の粉にご注意ください」で終わり。(笑)
その後、見物客は皆ひるんでしまい、ガラガラになってしまいました。そこで今だ!と、前へ出ていって美味しい位置からしっかりと撮ることができました。それが上の写真。
イタズラ好きの御輿担ぎ手さん、ナイスです!(笑)ただ、火の粉とススが機材にかかるのが非常に怖かった。僕のカメラは防塵が弱いから。今度買うカメラは防塵防滴!

手力の火祭1EF70-300mm 2

手力の火祭3EF24-105mm 3
上から大量の花火の火の粉が!!

手力の火祭4EF24-105mm 4
モロに命中・・。コジラの口から出る炎のように担ぎ手たちを飲み込みました。火傷しないのかなぁ・・。あ!一人脱走?

手力の火祭5EF24-105mm 5
この人達狂ってる・・。

場所は変って、僕の地元で開催された盆踊りのクライマックスの時間帯で手筒花火が開催されていました。手筒花火も結構迫力があったんですけど、上の写真に比べると可愛いもんです。。。

地元の手筒花火1EF70-200mm 6

地元の手筒花火2EF70-200mm 7

地元の手筒花火3EF70-200mm 8

使用レンズ 3、4、5 EF24-105mm F4L IS USM
        6、7、8 EF70-200mm F4L IS USM
        1、2 EF70-300mm F4.5-5.6 IS USM


掲示板があります
ご訪問足跡一口コメントも歓迎です!「拍手」へお願いします↓

テーマ:花火 - ジャンル:写真

  1. 2008/09/01(月) 23:01:59|
  2. 花火
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク