SHUN's photo blog

被写体の心を写真で掴んでみたい

津屋川堤防の彼岸花

今日の天気は朝から本当に微妙でしたけど、彼岸花を撮るなら雨が降ってる方が絵になるかもしれないと思って出かけました。場所は岐阜県南濃町の津屋川堤防沿い
紹介のサイトを見てたら、今年は酷暑で彼岸花の群生がイマイチだとか。。。それでも撮影するには十分なだけの花が咲いてました。
風もなくてバッチリ!今日は全ての写真で三脚を使用しました。
三脚最高!これなら手持ち撮影の不器用な僕でも大丈夫です。いや、手ブレ以上に絞りや感度、ピント合わせ、フレーミングが状況や条件に左右されて制限されることなく、自分の好きな設定で自由に撮れることに感動しました。特にピントは0コンマ何ミリの世界で設定できるし。今日は一枚もトリミングを使いませんでした。気持ちいいです。今更ながらこんな便利な物があったのか・・・。これからはマクロレンズを使う時はもう手持ちはやめようと思いました。

津屋川彼岸花_800
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

津屋川彼岸花2_800
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

津屋川彼岸花3_800
 TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

津屋川彼岸花4_800
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

津屋川彼岸花5_800
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

津屋川彼岸花6_800
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/29(土) 19:50:06|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:14

蓼科アートランドホテル

夕焼けを見た後に日が暮れた道を蓼科まで向かいました。宿は蓼科アートランドホテル。次の日に車山高原と白樺湖を周る予定だったのでここに決めました。
昼間の諏訪は名古屋と変わらないくらい暑かったですけど、ホテルに到着してからはひんやりと秋を感じました。今年初めてこんな涼しい夜を過ごしたので、長かった今年の夏の疲れを癒してくれるようでした。久しぶりに温泉に入って露天風呂を楽しみました。。。
次の朝、みんな風呂を楽しむ中、僕は朝の散歩に一人で出かけました。朝風呂も捨てがたかったけど、このホテルにある公園の散歩道をどうしても歩きたかったのです。気の知れた友達なので勝手な行動が全然平気なのがいいです。みんな、「また始まった・・」ぐらいに思ってくれるので。
蓼科アートランドホテル_800

綺麗なプールでした?。水着持ってたら泳いでましたね。

蓼科アートランドホテル2_800


歩いてゆくと、ここは本当に広いことに気がつきました。ゆっくりしてたら朝のチェックアウトまでに間に合わないくらいでした。
この広い公園と散歩道を完全に僕一人で独占していました。誰一人としてすれ違わなかったし、人の気配も全くありませんでした。
一人になると次第に集中力が戻ってきました。よっしゃ!撮影モード。
やっぱりカメラを持ったときは一人の方がいいです。友達といると話に気をとられて、どうしても景色に入り込めないんですよね・・・。

蓼科アートランドホテル3_800

いい感じです。。。朝の散歩にはもってこいの場所。

蓼科アートランドホテル4_800

森の中に入っていきます。なんか面白そうな所です。ワクワク。

蓼科アートランドホテル5_800

                      それはまるで森の精霊のよう
                      ゆっくりと歩く僕を
                      イタズラっぽく観察しているようで
                      でも近づくと逃げて消えてしまいそう

蓼科アートランドホテル6_800


蓼科アートランドホテル7_800

白樺が綺麗でした。ちょっと休憩してしばらく眺めていました。

蓼科アートランドホテル8_800


森の木の間から現われた湖。これは蓼科湖です。小さい湖でした。

蓼科アートランドホテル9_800

いたるところにこのような彫刻がありました。

朝食の時間がきたので帰りました。風呂をあきらめて外へ出てよかった?。
自分だけの贅沢な時間でした。。。

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/27(木) 20:33:53|
  2. その他の自然、風景
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:6

諏訪大社、古代の謎を追いかけて

週末に大勢で長野まで旅行に行ってきました。写真とは関係のない友達だったので撮影に専念できる時間はある程度限られてましたけど、旅の思い出を残すには十分なだけの写真を撮ることが出来ました。こういう時はカメラ冥利に尽きます。。。
名古屋インターから入って小牧JCTから中央自動車道に入り、諏訪までひたすら北上しました。インターから目的地が近かったので助かりました。
この諏訪大社と言えばミステリアスな謎に包まれた神社でその起源が普通の神社とはちょっと違っているという説があって、これにとても惹かれていました。偶然にも旅行に行く前日に「みのもんたの日本ミステリー!3」で特集されていたと聞きました。諏訪大社は世界に散った古代ユダヤ人の一派が建てたというもの。
ウソか真実かは別として、僕はこういう謎めいた場所にロマンを感じます。(笑)
諏訪大社は諏訪湖の周りに4つの神社に分かれて点在してました。せっかくなので4つ全て行ってきました。

諏訪大社下社秋宮_800
諏訪大社下社秋宮

太いしめ縄が迫力ありました。

諏訪大社下社秋宮2_800
諏訪大社下社秋宮

諏訪大社下社春宮_800
諏訪大社下社春宮

諏訪大社下社春宮2_800
諏訪大社下社春宮

諏訪大社下社春宮では結婚式に遭遇しました。外国人男性と日本人女性の結婚。
コテコテの日本様式の結婚式でしたけど、新郎の親族や友達の格好は海外から駆けつけたのか皆バリバリの洋風の格好で、この神社の景色とのミスマッチが面白かったです。

諏訪大社上社前宮 800
諏訪大社上社前宮

諏訪大社上社前宮_800
諏訪大社上社前宮

諏訪湖_800
諏訪湖

一日目の夕方にとても夕日が綺麗で、その景色を諏訪湖に求めて急いで駆けつけました。ところが到着したのは太陽が沈んだ5分後。(泣)
夕日のお日様を撮りたかった・・・。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/25(火) 20:39:22|
  2. 史跡、神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:16

愛知牧場の黄色いコスモス2

このキバナコスモスという花を知ってまだ一週間も経ってないのですけど、その後色んな人の写真ブログでこの花を見つけました。結構有名な花なんですね。
ところで、僕が行ったこの愛知牧場には黄色い花だけではなくてだいだいや赤色の花もあったんですけど、これは品種が違うのでしょうかね。
もう一度この花を趣向を変えてアップしてみたくなりました。

IMG_4424_800.jpg
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)
これ、ハエじゃないんですよ。(笑) 
それにしても画質が荒いですねぇ。こういう所が雑っぽいんですよね。(^^;
風が強かったのと手持ちで望遠のテレ側でいったのでダブルパンチでした。

IMG_4432_800.jpg
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

フォトショップ_800
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

IMG_4444_800.jpg
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

今週の週末は長野までレンタカーでワゴンを借りて写真とは関係のない友達大勢で旅行に行く計画なんですけど、台風が接近してるみたいで大丈夫かなぁ・・・。 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/19(水) 19:53:16|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:19

愛知牧場の黄色いコスモス

天気が怪しくて台風の影響か、風も結構ありましたけど黄色一色のコスモス畑を見に日進市まで向かいました。愛知牧場です。ここは黄色やだいだい色や薄めの赤色のコスモスが咲いてました。
ここへ来るのに東名高速を使いましたけど、すぐ隣に東郷PAがあるだけでインターが離れていて、仕方がなく3キロぐらい通りすぎて降りましたけど、愛知牧場へ着いて気が付いたのは東郷PAから歩いて行き来できるということ。パーキングに駐車して歩いてくるという手もありました。

風に揺れやすいコスモスなのでこの日は一苦労。僕が花を撮りに行く時はいつも特に風の強い日ばかりなんですよね、これが・・。
風が強すぎてブレ写真の量産でした。この日は三脚を使って気合を入れようと思ってたんですけど、使う気をなくしました。
この花はすごく難しかったんですけど、花の撮影の経験の浅い僕には構図とボケの練習に良いと思いました。至るところに咲いてる花を好きなようにレイアウトして切り取ることができるのであれこれイメージのしっぱなし。後ボケを使った花の写真を撮ってみたいな、と思っていたので色々楽しめました。
ボケ作りの練習のために、ほとんどで300ミリ望遠のテレ側で撮りました。
カメラ持ってなかったらまず来ない所でしたけど、花畑も気持ちが良いですね?。

愛知牧場コスモス1
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

愛知牧場コスモス2
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

愛知牧場コスモス3
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

愛知牧場コスモス4
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

愛知牧場コスモス5
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)  

愛知牧場コスモス6

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/16(日) 09:09:29|
  2. 植物(花、草、樹木)
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:18

深夜の駅  

豊橋まで手筒花火を撮りに行った帰り道、国道沿いに夜の三河地方のドライブとなりました。
安城を通りかかった時にふと夜景できれいな所があるという情報を思い出しました。JR三河安城駅にある収穫の塔という噴水でした。
せっかくなのでちょっと道草して撮ろうと思って向かいました。
ところが駅前に来てもこの噴水が見つからないのです。近くで工事をやっていたので取り壊されてしまったのかな、と思ってガックリ・・。
それでもこの駅のライトアップは結構イケそうだったので狙ってみました。
先程までのドンチャン騒ぎの手筒花火の会場から、ひっそりとめったに人が通らない終電間近の深夜の駅での撮影。。。
じっくり、まったりと楽しみながら写真を撮る方が自分には合ってるのかなぁ。狙っても被写体が逃げていかないことがとても在り難く感じました。

帰ってきて気が付いたのは、JR三河安城駅は同じ名前で東海道新幹線駅と東海道線駅の二つが存在していて隣接しているとのこと!つまり僕はすぐ隣で違う駅を必死に撮っていたのでした。(爆笑)
やれやれ・・。僕らしいです。

夜の駅1


夜の駅2


夜の駅3


夜の駅4


夜の駅5

テーマ:夜景、イルミネーション - ジャンル:日記

  1. 2007/09/11(火) 19:19:20|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:18

炎の祭典 in 豊橋

愛知県の三河地方は手筒花火のイベントが盛んですけど、その起源は戦国時代にまで遡るそうでした。もともとは合戦で使う火薬の開発の実験の場として行われたのが今日まで続いてるお祭りだとのこと。。。
この盛大なイベントは迫力満点でした。花火もそうですけど、その周りで太鼓や踊りで演出する人達が大変素晴らしかったです。
合戦の時に張り上げるような男達の大声や和太鼓や笛の音に合わせて手筒花火が上げられていきました。
特に面白かったのは和太鼓を打つ人達。軽快なステップに体をひねりながら回転をして踊りまくる様は、まるで和洋折衷のタップダンサーのようでした。あれは外国人が見ても日本の文化としてではなくて、そのまま楽しめるようなモダンなダンスでした。カッコ良すぎて鳥肌が立ってくるほど。。。

手筒花火ですけど、外野席の位置から300ミリの望遠のテレ側で撮りました。望遠レンズを所有していて良かったです。それでもアップでは撮れなかったのでトリミングしてあります。

炎の祭典1
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)+トリミング

炎の祭典2
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)+トリミング

右の人、メガネに火が当たってそう。もうちょっとで顔が焦げるね。(笑)逆に左の人はへっぴり腰で手筒を遠ざけて恐る恐るやってます。イカツイ顔してるけど恐い物は恐いんでしょう。
花火の撮影はみんなそうですけど、この手筒花火も難しかった?。もう失敗の連続。でも何回も何回もやってくれるのですごく勉強になりました。
ようやく最後の方で少しずつバルブと絞りの調整の仕方のタイミングが分かってきました。できればもう一回撮りたいところです・・。これは打ち上げ花火にも共通しているやり方なので、来年に向けて良い勉強になりました。
今回の写真は絞り込み過ぎました。火花の迫力を殺してしまいました・・。バルブのシャッターを切るタイミングが全てを決めるのかな、と思っていましたけど、絞りの調節が普通の夜間の撮影以上に重要になってくることにようやく気がつきました。(^^;活き活きとした火花を写すには露光時間のタイミングも大事ですけど、絞りの開放加減も大きい気がしてきたんですけど、これはまた次回への課題として。

炎の祭典3
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

炎の祭典4
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

炎の祭典5
TAMRON AF70-300mmF/4-5.6DiLDMacro1:2(Model A17)

あ?気持ちワリ・・・。また不気味なのアップしちゃいました。モンスターみたいですね。

炎の祭典6

テーマ:花火 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/09(日) 19:56:07|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:20

「今宵の明治村」でライトアップ

暑さもピークを過ぎたけど、蒸し暑くてまだまだ残暑が厳しいですね。今夜から台風が上陸するみたいですが。
週末は全国的に晴れそうでまた遠出して撮りに行きたいです。

お盆に犬山まで「今宵の明治村」を撮りに行きました。これを撮った次の日に奈良の東大寺まで朝から出かけるという派手なスケジュールでした。
明治村は実に小学校3年生の時の遠足以来でした。大変思い出に残ってる所です。当時大好きだった女の子と一日中一緒に手を繋いで歩き回れた遠足だったからです。(笑)小学校は他の遠足はどこへ行ったのかもうほとんど思い出せないけど、この時のだけはさすがに強烈に焼き付いてるなぁ。
写真を撮るようになると久しぶりに訪れる所がよく出てきますけど、必ずどこでも懐かしさで胸が一杯になって、ファインダー越しに次々とその当時の記憶が蘇ってきて、その記憶を追いかけながら撮ることが楽しいんです。

さすがにこれだけ久しぶりに明治村へ来ると建物は何もかも全く覚えていないんですけど、子供の頃のイメージではもっともっと広く感じました。

明治村1

手前の電飾を入れて失敗でした。街灯の明かり一本で写真の全ての景色を描写した方が良かったなぁ・・。ちょっと後悔。

明治村2

よく晴れた夜空だったので星を狙ったのですが、何とかかすかに写ってくれました。

明治村3

プロジェクターのようなライトアップで絵柄を映し出す聖ザビエル天主堂。

明治村4

ステンドガラスの模様が見えなかったんですけど、やっぱり教会の中は昼間の方が綺麗なんでしょうね。

明治村5


明治村6

帝国ホテル中央玄関。部分的な小さいライトで各所を照らされただけだったので露出のバランスが困難でした。暗めにしてフラッシュを焚こうとしたんですけど、これだけ大きいとさすがに届きませんでした。強引にプラス補正をかけてライトが真っ白け。。(^^;でも僕は失敗しても露光時間を試行錯誤しながら撮る写真が大好きです。

↓オマケ。お化け屋敷みたいに見えてました。(笑)

明治村7

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/06(木) 21:02:29|
  2. 夜景、イルミネーション
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:14

山下清さんにあやかりたくて。。。

週末は用事で撮りに行けませんでした。せっかく涼しくなったんですけど。残念です・・。

昨日、久しぶりに「裸の大将放浪記」を見ました。10年ぶりだとか。故芦屋雁之助さんの山下清役の独特の演じ方が印象的でしたけど、今回はお笑いコンビのドランクドラゴンの塚地武雅さんがキャラを全くそのまま引き継いで主演していました。
ドラマがどのくらい脚色されたものなのかは知りませんけど、でも実在した人物なのでその生き様を感じながら見るのは楽しいです。自由気ままな放浪の旅をしながら行く先々で貼り絵を楽しんでいたのはすごく共感できて更に山下清さんという人に魅かれました。
山下清さんの貼り絵
はどれも遊び心が満載されていますね。あの純粋無垢で優しい人でなければ描き出せない素晴らしい要素が作品の価値を決定付けているような気がします。
写真を撮り始めて僕はいつしかカメラを買ったばかりの頃の気持ちを忘れかけていたように思います。良いロケーションでギラギラしながら良い写真を撮りたいと欲を出すのも勿論それはそれで楽しいんだけど、でも、そういう技術を上げようとするだけの気持ちに毒されていた自分の心がドラマを見て洗われて行くようでした。
写真は先月の前半にドライブをしてて通った所です。長良川の上流です。凄く水が澄んでいました。今年の夏の写真の思い出の一つになりました。
この豊かな長良川が愛知県の生活水を供給しています。当然ながらこの上流と地元で見る下流では全然水の質が違うなぁ。
IMG_3547エレメンッ_edited-2_800


IMG_3546エレメンッ_800


IMG_3548エレメンッ_edited-1_800

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/02(日) 18:35:16|
  2. その他の自然、風景
  3. | トラックバック:0
  4. Google+ Instagram Google+とInstagramやってます。
  5. | コメント:6

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
※当ブログの写真を使用してくださる際は、元画像の送信を致します。
無断使用やめてね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



人気ブログランキングへ


トリップアドバイザーに認定されました



SHUNへのメールはこちら

過去記事倉庫

 
SHUN's photo blog Ⅱ

最近の記事

ミニブログ始めました!

気になる機材!ガジェット。

Instagram投稿写真

リンク